オプト、企業のDXを加速させる“ファストDXカンパニー”として株式会社オプトデジタルを設立

株式会社オプトデジタル

はやくも金融業界の大型DX案件を受注

デジタルシフトをリードする Innovation Agency 株式会社オプト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:金澤 大輔、以下 オプト)は、グループのデジタルシフト事業を拡大させていくため、本年4月1日(水)に、100%出資の完全子会社として株式会社オプトデジタル(以下、オプトデジタル)を設立いたしました。オプトデジタルは今後、企業のDXサービス(※1)創出に不可欠なシステムを提供し、デジタルシフト(※2)の実現を開発面から支援してまいります。また、早くもDXに関するご相談を多く頂いており、既に金融機関におけるDX案件を受注しているほか、開発規模が億単位を超えるDXプロジェクトなど、複数の案件を進めております。

1. 設立の背景・目的

ソーシャルメディアやスマートフォンの急速な普及により、コミュニケーションの手段は従来の対面、電話、FAX、メールから「LINE(※3)」などのチャットによるコミュニケーションへと大きく変化しています。また、今年に入り、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大によって、非対面コミュニケーションの重要性が急速に高まり、企業は顧客接点の在り方を今一度見直す必要に迫られています。
そうした中、近年オプトでは、従来の広告代理事業の枠を超えて、顧客企業のデジタルシフトをコンサルティングのみならず、サービス開発の側面からも支援しています。各業界の課題をデジタルシフトによって解決するDXサービスには、大がかりなシステム開発時に見られる要件定義からシステム開発まで数年を要するプロジェクトではなく、必要最小限のアジャイル開発による「早い・安い・使える」システム開発が不可欠であり、「LINE」など多くのユーザーが使用するプラットフォームアプリ上での展開が求められます。

オプトデジタルは、柔軟かつスピード感を持ったシステム開発が求められるDXサービスの創出に特化し、サービスの設計から開発、PDCAまでを一手に担ってまいります。アジャイル開発体制や「LINE」などの大手プラットフォームアプリ、クラウドサービスなどの汎用技術を活用することで、「早い・安い・使える」システム開発を実現し、顧客企業のデジタルシフト、ひいては業界のデジタルシフトを推進してまいります。

オプトデジタルの設立にあたり、「LINE」を活用した保険金請求サービスやAIによる事故車両の修理見積サービスなど、保険業界において数々のデジタルシフトによるイノベーション事例を世に送り出してきた野呂健太氏を代表取締役社長に招聘し、CTOには、これまでクラウドを活用したSaaSや、コンシューマー向けサービスのシステム開発などを数多く手掛け、DXサービスの創出に精通した野澤一貴が就任いたします。

2. 事業概要

(1)システム開発の受託

ビジネスコミュニケーションプラットフォーム、WEB系ソフトウェア開発から、 WEBコンテンツ制作、スマートフォンアプリ開発サービス、CRMシステム開発まで、幅広い業務に対応いたします。また、アジャイル開発体制やクラウドサービスなどの汎用技術(AI、OCR、クラウドサーバ)等を活用することで、柔軟かつ低コスト、スピード感を持った開発を行います。

(2)クラウド、SaaSシステム構築、開発

お客様の業務効率化に寄与する、オプトデジタル独自のソフトウェアをWEB経由でご利用いただけるサービスを構築・提供いたします。

(3)開発支援サービス

開発業務におけるそれぞれのフェーズに応じて、豊富な経験と専門知識を持つスタッフを、必要な期間、準委任などの契約で開発・技術支援を行います。

(4)コンサルティングサービス

様々な業種・業態におけるシステム構築の実績をもとに、お客様が抱える業務上の問題点を分析し、最適なシステム構築を行うための改善策についてご提案いたします。

オプトデジタル、※従来型のシステム開発とオプトデジタルにおける開発の違い※従来型のシステム開発とオプトデジタルにおける開発の違い

3. 役員プロフィール

代表取締役 野呂 健太

代表取締役 野呂 健太
大学院卒業後、2011年株式会社NTTドコモに入社。経営企画部門にて事業計画立案に携わる。その後dポイントの立ち上げ、プロモーションを経験。2017年より損害保険ジャパン日本興亜株式会社(現:損害保険ジャパン株式会社)にて新規サービス創出に取り組み、「LINEによる保険金請求サービス」「SOMPO AI修理見積」においてプロジェクトリーダーとして企画を立ち上げる。その他在籍3年弱で約20のプロジェクトを世に送り出す 。
2020年、株式会社オプトデジタルの設立とともに代表取締役CEOに就任。(現任)

<野呂からのコメント>

デジタル技術が進化した世の中でも、企業の顧客へのコンタクト手段は電話、郵送、FAXが当たり前の業界が多いというのが現状です。また、私自身、大手企業での新規サービス創出経験の中でDXは決して華やかなものではなく、レガシーに立ち向かう泥臭いものだと理解しています。ただ、その中でもアジャイル開発によりスピード感と柔軟性を持ったシステム構築ができればその活路を見出すこともできると考えています。今回、当社は私自身の経験も踏まえ、DXに特化した組織として新設し実行力でクライアント企業のDXへの想いを形にしていきます。また、自社開発によるSaaSサービス展開により、多くの企業へ当社のソリューションを利用しやすいパッケージとして届け、企業の顧客接点の在り方に変革を起こしていきたいと考えています。

取締役(CTO) 野澤 一貴

取締役(CTO) 野澤 一貴
ITベンダーでロジスティクスシステムの開発に従事、その後CyberAgent Groupにてメディア、アドプロダクト等幅広く開発に従事。株式会社ミクシィにてデジタルマーケティング最適化のためインハウスシステムの構築に従事、 2017年にSaaSベンチャーの創業を経て2019年株式会社オプトに入社。
2020年、株式会社オプトデジタルの取締役CTOに就任。(現任)

<野澤からのコメント>

ただモノをつくり提供するだけではなく、クライアント企業との共創により、未来を見据えた顧客価値の最大化につながるサービス、システム開発支援をしていきたいと考えていいます。
陳腐化しない技術の選定、柔軟な設計、技術的負債を最小限にとどめたDXの提供を目指していきます。

オプトデジタルは、企業とユーザーの顧客接点をデジタルサービス構築により支援し、企業とユーザーが簡単、便利に、かつさらに深く繋がる世界の実現を目指してまいります。

※1 デジタルテクノロジーを活用することで、これまでの産業構造や慣習を変革していくサービスを総称しています。
※2 3つのフェーズが存在し、情報をアナログからデジタルへと変換するデジタイゼーション、プロセスをIT(デジタルテクノロジー)によって効率化するデジタライゼーション、これらを基盤として産業構造やビジネスモデルをアップグレードさせるデジタルトランスフォーメーション(DX)に分けられる。これら一連の流れと取り組みを指す言葉として「デジタルシフト」を用いています。
※3 「LINE」はLINE株式会社の商標または登録商標です。

【株式会社オプトデジタルについて】

オプトデジタルは、DX×プラットフォームでデジタルシフトを推進するテックカンパニーとして、「企業とユーザーの顧客接点をデジタルサービス構築により支援し、様々な業界で企業とユーザーが簡単、便利に、かつさらに深く繋がる世界の実現」を目指し、企業のビジネスモデルの変革に貢献してまいります。

■新会社概要

設立日:2020年4月1日
資本金:10百万円
本社所在地:東京都千代田区四番町6番 東急番町ビル
株主構成:株式会社オプト 100%
役員構成:
代表取締役 野呂 健太
取締役   野澤 一貴
取締役   石原 靖士
取締役   金澤 大輔
取締役   宮嶋 直
監査役   四宮 史幸
URL:https://www.optdigital.co.jp/

関連リンク

株式会社オプトデジタル
オプト、企業のDXを加速させる“ファストDXカンパニー”として株式会社オプトデジタルを設立~はやくも金融業界の大型DX案件を受注~




2020年6月の月間ニュースランキングTOP10



2020年6月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2020年6月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。