メトロエンジンとベクトル台湾が共同事業 台湾でのGoogleホテル広告のサービスを開始

メトロエンジン株式会社

メトロエンジン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:田中良介、以下:メトロエンジン)は、総合PR 会社の株式会社ベクトル(本社:東京都港区、代表取締役社長:長谷川創、東証一部:6058)の台湾現地法人である香港商維酷公共關係諮詢國際股份有限公司台灣分公司(台北市大安區光復南路102號11樓、代表:木下研生、以下:ベクトル台湾)と共に台湾市場で、Googleホテル広告のサービス提供を開始しました。

メトロエンジンはGoogleホテル広告のインテグレーションパートナーとして認められ、昨年より日本市場で同サービスを開始しており、今後は台湾市場をはじめ、アジア市場全体へサービス拡大を目指していきます。

■Googleホテル広告とは

Googleホテル広告とは、Googleのプラットホーム上で、ホテルの部屋の空き状況や料金を表示することができる世界最大のメタサーチ。ユーザーは検索やGoogleマップからホテルの空き状況や料金情報などを閲覧、比較することができ、さらに各予約サイトに遷移して予約までできる。料金が表示される仕組みとしては、クリック課金型のPPC広告となっており、各OTAや公式サイトが入札するオークション制。宿泊施設がGoogleホテル広告上で公式サイトを掲載するには、Googleに認められたインテグレーションパートナーとの連携が必要となる。

■サービスの運営方法

台湾でのサービス開始に当たり、台湾現地におけるホテルへの販売営業、チャネルマネージャーとの業務提携及び広告運営をベクトル台湾が行い、Googleホテル広告掲載のシステム連携についてはメトロエンジンが行う。

■関連リンク

メトロエンジン株式会社
株式会社ベクトル
ベクトル台湾
台湾でのGoogleホテル広告のサービス開始!メトロエンジンとベクトル台湾が共同事業




2020年6月の月間ニュースランキングTOP10



2020年6月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2020年6月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。