LINE、広告サービスにおける横断的データ活用によって最適な広告配信を実現する機能「クロスターゲティング」の提供を開始

LINE クロスターゲティング

第1フェーズとして運用型広告へのLINEポイントAD、LINE公式アカウントのデータ連携が可能に
各サービス間の連携を強化し、データの相互利用による広告配信の最適化・効果最大化を目指す

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、LINEの法人向けサービスにおいて、データの相互利用による広告配信の最適化・効果最大化を追求し、ユーザーのライフタイムバリューを高めることを目的に、サービスを通じて取得したデータを横断的に広告配信へと活用することができる機能「クロスターゲティング」の提供を開始いたしますので、お知らせいたします。

■サービス横断でデータを相互利用可能な「クロスプラットフォーム」構築によってユーザーのライフタイムバリュー最大化を目指す

LINEではこれまで、企業とユーザーの良好な関係を長期的に構築可能なプラットフォームを目指し、広告配信を最適化するためのプラットフォーム改善や、最適なコンテンツ・サービスを訴求するための「リデザイン」を進めてきました。具体的な施策として、2018年8月より運用型広告プラットフォーム「LINE Ads Platform」のシステム刷新を行い、LINEが保有するユーザーデータを最大限活用した広告配信の最適化を実現する基盤を整えてまいりました。さらに、2019年4月より、従来大手企業向けに展開してきた「LINE公式アカウント」と、中小企業・店舗向けに展開してきた「LINE@」を統合し、複雑化していた料金プランの改訂やサービス間の機能差の是正を行いました。これにより、企業は多様な機能をニーズに合わせて活用し、一人ひとりのユーザーに合った訴求が可能となりました。
LINEは現在、これまで改善を進めてきたサービスやプラットフォームを活かし、データの相互利用による広告配信の最適化・効果最大化を追求することで、LINEユーザー8,200万人*1のライフタイムバリューを最大化する「クロスプラットフォーム」の構築を進めています。各サービスのユーザーデータを組み合わせて活用することで、企業からユーザーへの最適なターゲティングやメッセージ配信を可能にするほか、各施策の効果についてもサービスを横断して分析・レポーティングできるようにし、より高度な効果測定を可能にしていきます。

*1 2019年9月時点

■横断的データ活用で最適な広告配信を実現する「クロスターゲティング」、第1フェーズとしてLINE公式アカウントとLINEポイントADのデータをLINE Ads Platformへ連携可能に

そしてこのたび、「クロスプラットフォーム」を実現するための新たな機能として「クロスターゲティング」の提供を開始いたします。「クロスターゲティング」は、LINE公式アカウント、LINE Ads Platform、LINE Sales Promotionそれぞれのメッセージ・広告配信やキャンペーンで取得したデータを、各サービスを横断して広告配信に活用することができる機能です。
第1フェーズとして、LINEポイントAD*2およびLINE公式アカウントで取得したデータを連携し、LINE Ads Platformでの配信に利用することが可能となります。例えば、LINE公式アカウントからのメッセージを開封したユーザーや、メッセージ内のリンクをクリックしたユーザー、LINEポイントADを通じて友だち追加やアプリインストールなどを行ったユーザーなどのデータをもとに、同ユーザーに対するLINE Ads Platformからのリターゲティング配信や除外配信、同ユーザーに類似した属性を持つユーザーへの拡張配信などが可能です。ユーザーが行ったアクションに基づいて施策を実施できるため、より高い効果が期待できるだけでなく、ユーザーにとっても最適なコミュニケーションを創出できます。
LINEポイントADのデータ連携は本日より提供、LINE公式アカウントのデータ連携は1月中の提供を予定しています*3。

*2 LINEポイントADは、ユーザーがLINEポイントの一覧ページから任意のキャンペーンを選択し、指定した条件(友だち追加・動画視聴・任意のミッションなど)をクリアすることでLINEポイントがもらえるサービスです。
*3 LINE公式アカウントに関しては、新プランの場合のみLINE Ads Platformへのデータ連携が可能です。LINEポイントADに関しては、キャンペーンに紐づくLINE公式アカウントのプランを問わずデータ連携が可能です。

LINE クロスターゲティング

【「クロスターゲティング」活用例 】

​・新規顧客への効率的なリーチ獲得
自社のLINE公式アカウントの友だちに対してメッセージを配信。メッセージを開封したユーザーを除いて、LINE Ads Platformで広告配信をすることで、新規顧客へのキャンペーン告知やブランド認知につなげる。

・商品理解が深まったユーザーへの効率的な配信
LINEポイントADでの動画視聴を条件に、商品理解の促進を目的としたキャンペーンを実施。動画視聴後に友だち追加を行ったユーザに対して、LINE Ads Platformでリターゲティング配信を行うことで、効率的な商品・サービス訴求を行う。

・商品を購入する可能性が高いユーザーへの効率的な配信
LINEアカウントと自社サービスのID連携を行っているユーザーの中から、購入頻度が高い/購入金額が多いユーザーをもとに、似た属性のユーザーに対してLINE Ads Platformで広告配信をすることで、より確度の高い潜在顧客へ商品購入の訴求を行う。

今後は、LINE公式アカウント・LINEポイントAD以外のサービスでもデータ連携を可能にし、各データの相互利用による広告配信の最適化、効果最大化を進めてまいります。将来的には、より高精度なユーザー属性の分析や位置情報データの活用、サービスを横断したクロスレポーティングなど、機能の拡充と精度改善を行い、オンライン・オフラインを含むすべての接点において、ユーザーのライフタイムバリューを最大化する高度な「クロスプラットフォーム」の実現を目指します。

LINEでは、今後も様々なメニュー提供やプラットフォームの改善を継続的に実現することで、企業とユーザーの双方にとって価値ある情報接点を提供し、コミュニケーションインフラとして多様な活用の可能性を広げてまいります。

関連リンク

LINE株式会社
LINE、広告サービスにおける横断的データ活用によって最適な広告配信を実現する機能「クロスターゲティング」の提供を開始




2020年3月の月間ニュースランキングTOP10



2020年3月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2020年3月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。