インティメート・マージャー、『Select DMP』とランドスケイプ提供の『uSonar』との連携開始~Sales Tech領域の強化へ~

DMP専業最大手の株式会社インティメート・マージャー(本社:東京都港区、代表取締役社長:簗島亮次、以下IM)は、データベースマーケティングを支援する株式会社ランドスケイプ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:福富七海、以下 ランドスケイプ)の提供する顧客データ統合ツール『uSonar(ユーソナー)』と、IMの提供するニーズ検知型企業リスト生成サービス『Select DMP(セレクト ・ディーエムピー)』が連携開始したと発表しました。

これにより、『uSonar』から、企業属性や顧客区分とインテントデータ(興味・関心データ)を掛け合わせてターゲット企業リストを抽出することが可能になります。

概要

連携の背景

昨今、MA(マーケティングオートメーション)ツール市場の拡大やアカウントベースドマーケティングの浸透が進む一方で、B2Bの領域ではリードジェネレーションが課題とされてきました。情報収集から発注まで長期間を要するB2Bのマーケティングファネルにおいて、アプローチ先の企業はリスト化できるものの、案件獲得のカギとなる「潜在顧客がニーズを持った瞬間」の把握が難しかったことが一因にあります。

これにより、『uSonar』のユーザーは、例えば、売上100億円以上の製造業で、ある製品名やサービス名に興味関心がある未開拓企業リスト(優先アプローチデータ)や、ある競合サービスに興味関心がある既存企業リスト(離反予備群データ)を『uSonar』から抽出できます。

IMは今後も様々なプレーヤーと連携し、更なるデータ精度・網羅性の向上を用いて、Ad Tech分野のみならず、Sales Tech等X-tech領域へのDMP活用を推進してまいります。

Select DMPについて

IMの『Select DMP』は、国内最大級である4.7億件の行動履歴分析システムを活用し、オーディエンスデータとDMPの属性データからこれまで把握が困難だったクライアントニーズの発生タイミングを検知します。この情報のリアルタイム提供と、MA・CRM・RPAなどマーケティングソリューションを提供するパートナー企業との提携を通じて、B2Bマーケティング活動の効果的な運用を支援します。

uSonarについて

顧客に関わる様々な情報を統合し、管理することができるクラウド型のCDI(Customer Data Integration)ツールです。ランドスケイプが長年培ってきた様々なフォーマットのデータをクレンジングするノウハウや、日本最大の820万拠点の企業データ『LBC』が搭載されているため、ターゲット企業の選定など効率的なABM(アカウントベースドマーケティング)を実現します。SalesforceなどSFAやマーケティングオートメーション、DMPなどのソリューションとの連携も可能です。

https://www.landscape.co.jp/service/usonar/

企業データ『LBC』について

日本全国(約820万拠点)の事業所に、11桁の管理コードを採番したデータベースです。『LBC』は、企業の過去情報や略称名・旧社名、誤記しやすい社名などの企業データも紐付けて管理しているため、顧客データを『LBC』とマッチングすることで表記ゆれの正規化も可能です。また、顧客データに業種や売上規模などの企業属性を付与することも可能です。
https://www.landscape.co.jp/service/lbc/

詳細は関連リンクよりご確認ください。

関連リンク




9月の月間ニュースランキングTOP10



9月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している9月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。