ジーニー、ByteDanceが提供する「TikTok Audience Network」と「GenieeSSP」にて連携を開始

ジーニー、ByteDance

株式会社ジーニー(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:工藤智昭、以下ジーニー)は、「GenieeSSP」において、TikTokを運営するByteDance株式会社(東京都新宿区、以下ByteDance)が新しく提供を開始するモバイルアプリ向け広告配信システム「TikTok Audience Network」との連携を、2019年6月24日より開始いたしました。

背景と目的

今回の連携により、ジーニーがサポートする媒体社様は「GenieeSSP」が持つ収益最大化機能と組み合わせて、「TikTok Audience Network」経由で収益性の高い広告の配信が可能になり、広告枠単価の向上が見込めます。

ByteDanceはTikTokの世界中のアクティブユーザーのビッグデータを生かし、ジーニーは数々の媒体社様の収益最大化支援を実施してきた強みを生かし、「TikTok Audience Network」の国内での拡大を目指してまいります。

ジーニー、ByteDance

今後もジーニーは「TikTok Audience Network」との協力体制を強化していくとともに、クライアント企業様の成功を支援してまいります。

関連リンク

株式会社ジーニー
ジーニー、ByteDanceが提供する「TikTok Audience Network」と「GenieeSSP」にて連携を開始




6月の月間ニュースランキングTOP10



6月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している6月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。