【STARTUP DB】調査結果 国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2020年1月〜7月)

STARTUP DB、国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2020年1月〜7月)

Mobility Technologiesが225億円超の追加資金調達を実施し、2020年の資金調達金額TOPに

成長産業支援事業を推進するフォースタートアップス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:志水雄一郎 以下、フォースタートアップス)は、継続的に国内スタートアップ動向に関する調査を行い、当社サービスである「STARTUP DB (スタートアップデータベース)」に調査結果を公開しています。今回は、2020年1月から7月までを対象とした「国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2020年1月〜7月)」を発表いたします。

STARTUP DB、国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2020年1月〜7月)

概要

国内スタートアップ資金調達ランキング(2020年1-7月)では、Mobility Technologiesが総額225億7,500万円の資金調達を実施し、2020年の累計資金調達金額は266億2,500万円となり、ランキングTOPに躍り出ました。また、新たにアンドパッド、ispace、モンスター・ラボの3社がランクイン。そのほか、先月のランキングでは13位だったLooopが30億円を調達し、4位に浮上となりました。

モビリティDXカンパニーMobility Technologiesは、NTTドコモ、東京センチュリー、電通グループ及び電通との資本業務提携を行い、総額225億7,500万円(注1)の資金調達を実施。2020年累計資金調達金額では266億2,500万円となりました。2019年通期での累計資金調達金額でも、200億円を突破した企業はEPARK1社であることから、今回の資金調達の規模が突出していることが分かります。Mobility Technologiesの設立からの累計資金調達金額は、395億2,500万円となっています。今後同社は、スマートシティにおけるモビリティサービスやデータサービスの実現、更には自動運転サービスの実現に向けて取り組んでいく見込みです。

注1:NTTドコモ 取得総額最大200億円
記載の金額は、NTTドコモによる当初出資100億円に加え、Mobility Technologiesのキャピタルコール行使等によりNTTドコモが追加100億円の出資を実行した場合の合計金額。
東京センチュリー 取得総額15億7,500万円
電通グループ 取得総額10億円

Looopは、再生可能エネルギーを中心とした電力小売事業を展開するスタートアップ。発電記録、小売先の利用状況を基にした独自の需給管理システム「Looopでんき」や日本初の自然エネルギーを100%利用したモバイルバッテリー「Looop Charge」などを手掛けます。同社は、2020年4月30日に三菱UFJ銀行を引受先とした30億円のグリーンボンド債(注2)による資金調達を行ったことが明らかになりました。加えて、6月30日には28億3,000万円の第三者割当増資を行っており、引受先はENEOS、NECキャピタルソリューション、双日、日本グリーン電力開発、ほか1社の合計6社となっています。

注2:資金用途を再生可能エネルギーの開発など、環境改善効果のある事業に限定した社債。

施工管理・業務管理システムを手掛けるアンドパッドは、既存投資家であるグロービス・キャピタル・パートナーズ、DNX Ventures、セールスフォース・ドットコム、BEENEXTの4社を引受先とした40億円の資金調達を実施し、10位にランクイン。今回調達した資金は、人材採用・建設業のデジタル化推進の強化のために充当していく方針です。

民間による月面資源開発に取り組む、日本発の宇宙スタートアップispaceが14位に新規ランクイン。登記簿情報より、29億9,999万円の資金調達をしていたことが明らかになりました。同社は今回を含め、創業以来およそ135億7,000万円の資金を集めており、2018年までにシリーズA国内過去最高額となる103億5,000万円の資金調達を実施。また、2020年8月の国内スタートアップ想定時価総額ランキングでは18位にランクインしており、想定時価総額は438億円と、宇宙領域ではアストロスケールホールディングスに次ぐ時価総額となっています。

20位には、デジタルコンサルティング事業やプロダクト事業を展開するモンスター・ラボがランクイン。同社は、全世界に1,200人を超えるメンバーを有するグローバル企業であり、世界15カ国・26都市に拠点を構え、各国の市場に精通しています。前回ラウンド調達以降、2020年7月末までに、7つのファンドおよび事業会社を引受先とした約42億円の資金調達を実施したことを発表。登記簿情報によると、今年に入って調達した金額はおよそ26億円であることが明らかになりました。

ランキング上位5社のうち、3社は環境・エネルギーが占める

STARTUP DB、国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2020年1月〜7月)

カテゴリー別では、金融が5社と最も多く、環境・エネルギーが3社、医療・介護とその他の2社がこれに続きます。

環境・エネルギー領域では、電力コストの経営課題を解決するVPP Japan、次世代リチウムイオン電池のAPB、前述したLooopが名を連ねました。この3社は資金調達ランキング5位までにランクインしており、いずれも今年に入って50億円以上の資金を集めています。

金融の5社を除いて、突出して社数の多いカテゴリーがないことから、様々な分野の企業が大型調達していることがわかります。

当社は、今後もSTARTUP DBを通じて、スタートアップ・エコシステムの活性化を行い、国内成長産業の発展に貢献してまいります。

【調査概要】

タイトル:「国内スタートアップ資金調達金額ランキング」
調査期間:2020年1月から7月まで(2020年8月6日時点)
レポート記事:STARTUP DB (https://media.startup-db.com/research/funding-ranking-202007
※当社が取得した登記簿謄本に記載している情報を元に参考値として算出しておりますが、当社は、本情報の正確性、信頼性、完全性を保証するものではなく、本情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

STARTUP DB(スタートアップデータベース)について

国内最大級の成長産業領域に特化した情報プラットフォームです。企業データベースは、12,000社を越える日本のベンチャー・スタートアップ企業の情報を保有するとともに、起業家・投資家、エコシステムビルダーの方々累計100名以上のインタビューコンテンツをリリースしています。2019年6月24日より、英語版リリース。また、世界最大級のベンチャー企業データベース「Crunchbase」とデータ連携し、日本企業の情報を海外のプロフェッショナルに届けることで、国内の成長産業領域市場の発展に貢献しています。
https://startup-db.com/

フォースタートアップス株式会社 概要

社名 : フォースタートアップス株式会社
代表者 : 代表取締役社⻑ 兼 CEO 志水 雄一郎
設立 : 2016年9月1日
事業内容:成長産業支援事業
所在地 : 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー36F
https://forstartups.com/

フォースタートアップスは、「世界で勝負できる産業、企業、サービス、人を創出し、日本の成⻑を支えていく」 ために、「for Startups」というビジョンのもと、インターネット/IoTセクターをはじめ、ディープテック等リアルビジネス領域も含めた起業支援と転職支援を中核とした成長産業支援事業を推進。国内有⼒ベンチャーキャピタルと連携したスタートアップ・ベンチャー企業への戦略的資⾦⽀援や、成長産業領域に特化した情報プラットフォーム「STARTUP DB(スタートアップデータベース)」の運用、及び、大企業とのビジネス共創モデルによる産業エコシステム強化にも取り組む。今後もビジョンとともに、日本の成長・発展に貢献してまいります。

関連リンク

フォースタートアップス株式会社
【STARTUP DB】調査結果 国内スタートアップ資金調達金額ランキング




2020年10月の月間ニュースランキングTOP10



2020年10月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2020年10月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。