国内電通グループ11社、「Dentsu Commerce Room」を発足 〜 ワンストップのコマースソリューションサービス提供開始 〜

Dentsu Commerce Room

電通アイソバー株式会社(東京都中央区築地、代表取締役社長CEO:得丸英俊、以下電通アイソバー)は、株式会社電通(本社:東京都港区、社長:五十嵐 博)、および国内電通グループ10社により発足される「Dentsu Commerce Room」に参加し、デュアルファネル®※1全体をカバーするコマースソリューション※2の提供を開始しました。

■電通アイソバー これまでのCXの取り組みとコマースの取り組み

電通アイソバーは「We are the CX Design Firm.」をビジョンとして掲げ、多くの企業に新しい発想やテクノロジーを活用しながら企業の持つ課題解決に向けた新たな体験価値をデザインし、それを具現化するソリューションを提供してまいりました。特に、コマース領域においてはIsobar network内に1,000を超えるスペシャリストを要し、CXデザインからコマースプラットフォームの構築まで一貫したサービスを提供できる体制を整えております。( https://www.dentsuisobar.com/commerce_experience/

「Dentsu Commerce Room」では当社が従来より注力しているCX領域およびコマースプラットフォーム領域において中心的な役割を担っていきます。また、「Dentsu Commerce Room」で蓄積したオンライン、オフラインを横断したOMOやDXに向けた統合的なソリューションを弊社サービスと組み合わせて提供してまいります。

■「Dentsu Commerce Room」 とは

デジタルトランスフォーメーション(DX)の進展により、製品というモノだけでなく、体験・コミュニケーションを含めたコト(買い物体験)を提供していくことが急速に求められるようになってきています。大きく変化している生活者の買い物体験を基点とし、広告から売り場への誘導、商品購入者の再購入促進まで、オンラインとオフラインを一貫して購買を最大化するソリューションのニーズが高まっています。

国内電通グループでは、このようなニーズに対応するため、グループ各社が有するコマースソリューション情報を一元的に取り扱う組織として、「Dentsu Commerce Room」を発足させました。Dentsu Commerce Roomでは、グループ各社が培ってきた専門的なソリューションを組み合わせ、ワンストップの「顧客体験」(CX)をプランニング、実施することでブランドの売上の向上を目指します。また、オンラインとオフラインを横断して収集した各種データを「People Driven DMP※3」で統合・分析し、クリエイティブチームと連携することで、より良いCXのデザインを実現します。

■「Dentsu Commerce Room」が提供するコマースソリューションの例

・グローバル100社以上のデータをベンチマークにブランドのコマース領域の課題を洗い出すコマースオーディット
(12の観点からコマース領域の現状を評価するオリジナルのフレームワーク)

・生活者の購買行動を促すOMO(Online Merges with Offline)施策の設計・実施

・オウンドEC/D2C(Direct to Consumer)、プラットフォームEC、計画立案、事業立上げサポート、店舗運営代行

・ライブコマース(ライブ配信動画を活用したEC)/ソーシャルコマース(SNSを活用したEC)の企画・運営

・BOPIS(Buy Online Pick-up in Store)システム構築とCXデザイン

・各種共通ポイント/ペイメントを活用したトライアル/リピート販促施策の企画・実施

・個店商圏に対応したデジタル/チラシのハイブリットなショッピング情報の配信と来店・販売効果検証

・無人店舗の設計・運営

■「Dentsu Commerce Room」を構成する国内電通グループ11社 (順不同)

電通
電通アイソバー
電通デジタル
電通テック
電通ダイレクトマーケティング
電通リテールマーケティング
電通tempo
アイプロスペクト・ジャパン
セプテーニ
電通九州
電通東日本

※参加企業は今後も増える予定です。

※1 デュアルファネル®ソリューション
企業が抱える「新規顧客の獲得」「既存顧客の育成」という2つの課題への対応を一本化し、連携してマーケティングROIの向上を実現するソリューション

Dentsu Commerce Room

※2 コマースソリューション
オンライン/オフラインに関わらず、ITを活用した消費者の買い物体験の最適化を目指すマーケティング活動の総称

※3 People Driven Marketing (PDM)
People Driven DMP®は、PCやスマートフォン由来のオーディエンスデータと、テレビの視聴ログデータ(STADIA)、WEB広告接触データ、OOH広告接触データ、ラジオ聴取ログ、パネルデータ、購買データ、位置情報データ等を人(People)基点で活用することができる、People Driven Marketingのデータ基盤です。さらなる強化のために、People Drivenパートナーシッププログラムを通じ、「メディア/コンテンツ」、「デジタルプラットフォーム」、「EC・購買」、「パネル/メジャメント」、「位置情報」などの各種パートナーと、データやテクノロジーの連携によるビジネス・アライアンスを推進しています。

なお、People Driven DMP®では、個人情報の保護に関する法律に定める個人情報は扱っておりません。

全ての製品名又はサービス名は、各社の登録商標又は商標です。

関連リンク

電通アイソバー株式会社
国内電通グループ11社、「Dentsu Commerce Room」を発足 〜 ワンストップのコマースソリューションサービス提供開始 〜




2020年2月の月間ニュースランキングTOP10



2020年2月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2020年1月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。