D2C Rが提供する広告効果測定データ基盤「ART DMP」が 新たに「TikTok Ads」と連携 TikTok Ads上で柔軟なリターゲティングを実現

株式会社D2C R(本社:東京都中央区、代表取締役社長:岡 勇基、以下D2C R)が提供するスマートフォン向け広告効果測定データ基盤「ART(アート)DMP(ディエムピー)(※1)」が、ByteDance株式会社(東京都新宿区、以下ByteDance)が提供するスマートフォン向けショートムービーアプリ「TikTok Ads」と新たに連携いたしました。

背景

近年、アプリをダウンロード後に使わなくなった、またはアンインストールした離脱ユーザを対象に再度利用を促す目的で配信するリテンション広告の活用が拡大しています。「ART DMP」は広告代理店や広告効果測定ツールに縛られることなくワンストップで高度な広告配信を可能にするサービスとして、スマートフォンアプリ企業にご利用いただいております。

今回の連携により、SDK(※2)で計測したIDFA(※3)などのユーザデータをART DMPに蓄積・セグメントを作成し、連携した「TikTok Ads」にてターゲティング配信が行うことが可能になります。これにより、リアルタイムかつオートマチックなデータ連携が実現し、計測~ユーザセグメント設計~配信をワンストップで行うことができます。

D2C Rはリテンション広告に注力しており、今後も「ART DMP」とメディアの連携を拡充し、サービスの利便性を向上させてまいります。

※1:DMP(Data Management Platform)とは、WEB上のあらゆる大量のデータを蓄積・分析し、広告配信等での利用・活用を可能にするデータ基盤のこと
※2:SDK(Software Development Kit)とは、ソフトウェアを開発するために必要な技術文書やツールなど一式を指す
※3:IDFAとは、スマートフォンやタブレット端末のアプリで利用される広告用の端末識別ID。AppleのiOSは「Advertising Identifier(IDFA)」、GoogleのAndroidOSは「Google Advertising Identifier(AAID)」を提供している

D2C R ART DMP

『ART DMPとは』

「ART DMP」は、蓄積、分析されたデータを提携先のDSP・アドネットワークやソーシャルメディア等に提供することでリテンション広告配信等に利用することが可能なデータ基盤です。今後も、D2C Rは、アプリ事業者のより効果的・効率的なプロモーションを支援していくべく、「ART DMP」の導入を推進してまいります。
これまでの連携媒体:AdCorsa、AppAmore、Applovin、BLADE、Bypass、Dynalyst、Evory、i-mobile、maio、nend、Red、Twitter、 Vidspot、YouAppiリエンゲージメント、Zucks
https://www.d2cr.co.jp/artdmp/

『TikTok Adsとは』

ByteDanceでは、ショートムービーアプリ「TikTok」や「BuzzVideo」に向けて広告の配信目的やターゲティングに合わせて広告を配信するプラットフォーム「TikTok Ads」を提供しています。
https://ads.tiktok.com/i18n/

関連リンク

株式会社D2C R
D2C Rが提供する広告効果測定データ基盤「ART DMP」が 新たに「TikTok Ads」と連携 TikTok Ads上で柔軟なリターゲティングを実現




9月の月間ニュースランキングTOP10



9月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している9月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。