CyberZ、新広告パッケージ「エリアジャック×TwitterIVS」を販売開始~Twitterへの広告出稿で、エリアジャックメニューがセット配信可能に~

株式会社CyberZ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山内隆裕)は、同社が提供するエリアジャックメニューと、TwitterのIVSメニューを連携させ、認知向上・ブランディング施策としてご活用頂ける新広告パッケージを販売開始いたしました。

当社は、創業以来スマートフォン広告事業の発展に従事してまいりましたが、本メニューではエリアジャックメニューを通じたオフライン広告による体験と、従来のスマートフォン広告を掛け合わせることで、より高い広告効果をもたらすことを狙いとしています。スマートフォンアプリユーザーとのコミュニケーション活性化だけでなく、各種メーカー様の商品認知の拡大や、ブランディング施策の1つとしてもご活用頂けるメニューとなっております。

【TwitterIVSとは】

「IVS(インストリーム動画スポンサーシップ)」とは、Twitterが提供する動画広告スポンサーシップメニューです。

【エリアジャックメニューとは】

当社が提供するOOH広告メニューです。街なかのデジタルサイネージやフラッグ・のぼりなどにまとめて広告を出稿することで街中をジャックすることが可能となります。
※エリアや出向規模に関してはご相談可能です。
※参考:CyberZ、秋葉原の飲食店など約350店舗を活用したタイアップ広告やデジタルサイネージ広告を活用する「AKIBAジャック」の販売開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000364.000006792.html

■メニュー概要

当社が提供するエリアジャックメニューをご実施頂き、かつその200%以上の金額をTwitterにてご出稿頂ける場合、エリアジャックメニューの費用をTwitter配信にインクルードいたします。

株式会社CyberZ エリアジャック×TwitterIVS

■成立条件

※詳細はご提案の際にご説明させていただければと存じます。
①エリアジャックで使用するクリエイティブと、Twitter配信で使用するクリエイティブは相関関係のあるクリエイティブであることを条件とさせていただきます。
②Twitter配信においては、動画クリエイティブを使用しない配信手法は適応外となりますのでご了承ください。
③Twitter配信予算については基本的にはジャック期間中に満額消化をお願いいたします。期間内での消化が難しい場合はご相談可能です。
④エリアジャックでお使い頂く金額の200%をTwitter配信にご利用ください。
⑤本メニューについては広告主提案前にTwitter社およびCyberZ社に事前確認する必要がございます。

■CyberZについて

http://cyber-z.co.jp/
スマートフォンに特化した広告マーケティング会社として2009年に設立しました。スマートフォン広告における運用・効果検証、交通広告やウェブCMの制作など、幅広いマーケティング事業を展開。日本に加えて、サンフランシスコ、韓国、台湾にも支社を構え、国内広告主の海外進出および海外広告主の日本展開支援も行っております。
また、メディア事業としてゲーム動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」、eスポーツ事業として、国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」を運営しております。
CyberZ100%子会社としては、バーチャルキャラクターやVRイベント制作、VRシステム開発などの事業を手掛ける「株式会社CyberV」、オンラインエンタテインメント事業、プロダクション事業をおこなう「株式会社eStream」、eスポーツに特化した広告マーケティング事業「株式会社CyberE」の事業展開をしております。

関連リンク

株式会社CyberZ
CyberZ、新広告パッケージ「エリアジャック×TwitterIVS」を販売開始~Twitterへの広告出稿で、エリアジャックメニューがセット配信可能に~




2020年2月の月間ニュースランキングTOP10



2020年2月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2020年1月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。