CCIと講談社、ViViの公式TikTokアカウントを構築~TikTokを活用した共同開発広告商品を販売開始~

2019年2月12日、株式会社サイバー・コミュニケーションズ(以下、CCI) と株式会社講談社(以下、講談社)は、雑誌ViViのショートムービーアプリTikTokの公式アカウントを開設し、ファッションやコスメ情報を中心に動画コンテンツを拡充すると発表しました。また、TikTokの#チャレンジ(※1)とViViのコンテンツ制作を組み合わせた広告商品を開発し、2019年2月12日より販売開始します。

概要

近年、雑誌メディアの読者のデジタルシフトは急速に進んでおり、特に流行に敏感な10代後半~20代女子のトレンドバイブルであるViViの読者は、雑誌のみならずSNSからも積極的にトレンド情報を取得しており、ViVi公式SNSのトータルフォロワー数は160万人、ViVigirlのInstagram、Twitter等のフォロワー数は180万人に上る。それに加えて今回、若年層を中心に流行し、ユーザー数も急増しているTikTokの公式アカウントを開設することで、読者とのエンゲージメントの強化とViViコンテンツのブランド価値向上を図るとのこと。

CCIは、2018年7月にTikTokと広告パートナー契約を締結し、これまで数多くの広告出稿を支援してまいりました。日本国内でも有数の実績数を有し、そこで培った知見を生かして、講談社ViViの公式アカウント構築支援と共同広告商品の開発、販売をサポートするとしている。

本共同開発広告商品により広告主は、ViViコンテンツを活用し、TikTokのプラットフォームを通じて、消費者に対して楽しみながら自社の「ブランド体験」への参加を促すことができるようになる。

今後もCCIは、メディアのコンテンツ開発と市場のニーズに合致したサービスを提供することで、メディアの健全な発展と企業と消費者の円滑なコミュニケーションを支援していくとコメントしました。

図1:共同開発商品の概要
図1:共同開発商品の概要

詳細は関連リンクよりご確認ください。

補足

※1 TikTokコンテンツの代表的な拡散方法で、ユーザーがキャンペーン等に沿った特定の#(ハッシュタグ)をつけて動画を投稿すること

関連リンク