CCCマーケティング、「関西・中京エリアのTVCM枠」販売を開始 関東キー局に続き、計15局が対象に

TVCMのプランニング・バイイング・検証までワンストップ

ユニークデータ※1をもとにマーケティング・ソリューション事業を展開するCCCマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:北村和彦)は、このたび、全国の広告主や広告会社のみなさまに向けて、7,000万人を超えるT会員の購買データと日本全国約46万人のテレビ視聴データを連携したマーケティングデータ※2で、プランニング・バイイング・検証が一気通貫で叶う「TVCMの循環型マーケティング」を、2021年7月に開始した関東エリアのキー5局に続き、2021年10月より、関西エリアの準キー5局と中京エリアの広域5局の販売を開始いたしましたことを、お知らせいたします。

CCCマーケティング、「関西・中京エリアのTVCM枠」販売を開始

提供の背景と概要

CCCマーケティングはこれまで、全国の広告主や広告会社のみなさまに向けて、マーケティングデータを元に、課題分析からターゲット設定、デジタル広告や郵送型DMなどのプロモーション媒体におけるメディアプランニング、効果検証に至るまで一気通貫したマーケティングサポートを行ってまいりました。2020年には関東・関西・中京エリアのTV視聴データと購買データを連携したマーケティングデータを基に、マーケティングターゲットへの効果が最適な番組の組み合わせを比較・発見できるTVCM出稿分析ツール「MKW Program Optimizer※3」の提供や、2021年には関東エリアの民放キー5局のTVCM枠の販売を開始し、100社を超える企業のみなさまからお問合せをいただいております。

このたび、全国の広告主や広告会社のみなさまのご要望を受け、関西エリアの準キー5局と中京エリアの基幹5局においてもTVCM枠の販売を開始いたします。ローカルタイムに加え、SAS(Smart Ad Sales)※4で販売されるTVCM枠にユニークデータを連携することで、デモグラフィックではできなかった詳細なマーケティングターゲットに対するリーチ、一人当たりFQ(フリクエンシー)、リーチ効率(CPM)、imp(インプレッション)単価など多様なKPIを基にした組み合わせ枠の設計が可能です。これにより、最適な枠へ最適な量を出稿するプランニング・バイイング・効果検証が一気通貫で叶う「循環型のTVCMマーケティング」が実現いたします。

加えて、ニューノーマル時代における生活者の行動の変化により、デジタル広告などの併用がより求められる昨今、CCCマーケティングが展開する各種ソリューションメディアと連携※5することで、さらなる投資対効果を期待できるクロスメディアのマーケティングプランニングも可能です。CCCマーケティングが有するデータを基に、「デジタル広告やTVCM接触者が自社ブランド商品を実際に店舗で購買したかどうか」という購買効果をシングルIDで可視化できる本サービスは、CCCマーケティングオリジナルの循環型マーケティングです。

CCCマーケティング、「関西・中京エリアのTVCM枠」販売を開始

CCCマーケティングは、「ユニークデータを解決力に。」をキーメッセージに掲げ、生活者からお預かりした大切で多種多様なデータをもとに、テクノロジーと対話力と提案力で、さまざまな企業のみなさまの課題を解決するカンパニーを目指してまいります。

「循環型のTVCMマーケティング」の概要

① 出稿プランニング
・可能なセグメント:購買経験者を始め、1歳刻みからの性別年代、その他基本的なデモグラフィック(子持ち、自動車保有、世帯年収等)など広告主目線のセグメント設定が可能
・評価指標:リーチ率、リーチ人口、FQ、imp単価など
・クロスメディア評価:CCCマーケティングが展開する各種ソリューションメディアと、上記セグメントや評価指標で連携が可能(https://biz.cccmk.co.jp/services

② バイイング(販売代理)
・対象エリアおよびTV局:追加局:関西民放5局(読売テレビ、朝日放送テレビ、毎日放送、テレビ大阪、関西テレビ放送)、中京民放5局(中京テレビ放送、名古屋テレビ放送、CBCテレビ、テレビ愛知、東海テレビ放送)、
既存局:関東民放5局(日本テレビ放送網、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東
京、フジテレビジョン)

③ 効果検証
・購買行動の検証:7,000万人を超えるT会員の購買データとテレビ視聴データがシングル
IDで繋がる大規模なデータベースを用いて、マーケティングターゲットにおける
TVCM放映後の購買行動を検証
※その他、さまざまなご要望に沿ったメニュー提供も行っています。

※1 ユニークデータとは、7000万以上のシングルID、年間50億件以上の購買トランザクション、20万店舗のネットワークで扱われる60億種類の商品データ、数千項目からなる顧客DNAのペルソナデータ、オフライン・オンライン上の移動・行動データやメディア接触データ、またCCCMKグループオリジナルのエンハンスデータなどを指します。
※2 個人を識別できないように統計加工処理を行った2021年9月末現在の数字です。
※3 関東・関西・中京エリアの46万人のTV視聴データと購買データが連携したマーケティングデータを活用し、様々なマーケティングターゲットへの効果が最適な番組組み合わせを比較・発見できる分析ツールです。
https://www.ccc.co.jp/news/2020/20201110_001965.html
※4 従来の番組提供(タイム)やGRP購入(スポット)と異なり、「15秒CMを1本単位」で購入できる新たなバイイング手法です。
※5  各メディアとのデータ連携に際しては、各メディアのポリシーにも準拠した上で加工を行い、広告配信に必要な範囲においてのみデータ連携を行います。
※お客さまのプライバシーに配慮をしたうえで取り組みを行っております。お客さま情報のお取り扱いに関する詳細はこちら(https://www.ccc.co.jp/customer_management/)をご覧ください。

関連リンク

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社
CCCマーケティング、「関西・中京エリアのTVCM枠」販売を開始 ~関東キー局に続き、計15局が対象に!TVCMのプランニング・バイイング・検証までワンストップ~





ニュースレター購読はこちら


シンクアド、ニュースレター登録

デジタルマーケティングの最新情報からコラム、インタビュー、セミナーの最新情報を纏めてお届けしています。毎月1、2回前後配信中!