Amplitude、行動分析結果をマーケティング施策実行へ自動展開する機能を強化 マーケティング施策の実行サイクルをより高速化へ

Amplitude, Inc.

行動分析チャートから直接ユーザーセグメントを作成、施策実行へ自動展開し、検証するサイクルをより高速に実現

Amplitude, Inc. (アンプリチュード、本社 : 米サンフランシスコ、日本 : 東京都千代田区) は、行動分析で作成されたユーザーセグメントをサードパーティの施策実行基盤へ自動展開する機能 Ampitude Engage を強化した事を発表しました。

概要

以下は、Amplitude の Lyfecycle チャートで、ユーザの状態を 新規 | 定着 | 復帰 | 休眠 に分類したものになります。

  • 新規ユーザー(緑)
  • 定着ユーザー(薄緑)
  • 復帰ユーザー(青)
  • 休眠ユーザー(赤)
Amplitude, Inc.

Amplitude では、チャート上でサブメニューを呼び出し、ユーザーセグメントを作成する事ができます。これにより、複雑なクエリを記述する事なくユーザーセグメントを作成する事ができます。

以下はチャート上で「2月13~2月19日の休眠ユーザー」のユーザーセグメントを作成している動画になります。

Amplitude, Inc.

作成したユーザーセグメントは、Amplitude Engage でサードパーティのマーケティングソリューションと同期する事ができます。

次の画像は、Amplitude で作成したユーザーセグメントを、フェイスブックと連携する時の設定画面になります。Amplitude のユーザーセグメントは、フェイスブックのカスタムオーディエンスとして同期されます。

Amplitude, Inc.

なお、フェイスブックに作成されたカスタムオーディエンスでは、リターゲティング施策を行ったり、また、ファーストパーティーデータを活用した類似オーディエンスとして、新規ユーザー獲得等に応用する事がでます。

他にも Amplitude Engage は、本発表時点 マルケト、Braze、LEANPLUM、Segment、Iterable、INTERCOM 等のソリューションと接続済みです。

今後 Amplitude Engage は、ユーザ獲得、リターゲティング、プッシュ通知、アプリ内メッセージ、メール等のマーケティング施策を提供している様々なベンダーと順次アドオン連携して行く予定です。

関連リンク

Amplitude, Inc.
[Amplitude] 行動分析結果をマーケティング施策実行へ自動展開する機能を強化 | マーケティング施策の実行サイクルをより高速化へ




2020年2月の月間ニュースランキングTOP10



2020年2月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2020年1月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。