UNICORN、日本初となるApple Search Ads Partnerに認定

UNICORN、日本初となるApple Search Ads Partnerに認定

株式会社アドウェイズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:山田翔、以下アドウェイズ)の子会社であるUNICORN株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:山田翔、以下UNICORN)は、日本初となるApple Search Ads Partner に認定されました。

Apple Search Adsでは、キャンペーンのパフォーマンスを適切に管理、最適化できるサービスやツールをパートナーとして紹介しています。
https://searchads.apple.com/partners/

UNICORN、日本初となるApple Search Ads Partnerに認定

概要

「Apple Search Ads」は、アプリを探したりダウンロードしたりするためにApp Storeに訪問したユーザーが、キーワード検索をした際に表示される広告です。指定したキーワードに対して直接買い付けを行うため、該当キーワードに興味を持ったユーザーへダイレクトにアプリ広告を表示することができます。

従来の検索連動型広告では、「配信キーワード」「配信オーディエンス」「適切な入札単価」の組み合わせが無限に存在するため、最大限のパフォーマンスを発揮させるためには膨大な時間と知見、人的リソースを必要とします。
「UNICORN」では、それらの課題を解決するために、キーワードの入稿やオーディエンスの設定から、キーワードとオーディエンスの組み合わせに応じたきめ細やかな買い付けを自動で行うことが可能な、「Apple Search Ads 自動最適化エンジン」を開発し、2019年2月より提供しております。

代表取締役社長 山田 翔からのメッセージ

この度、正式に日本初のApple Search Ads Partnerに認定されたことをとても嬉しく思います。
Apple Search Adsが日本で提供されることが発表されたその瞬間に、日本のアプリ広告市場に大きな成長をもたらすことを確信し、すぐにUNICORNでの自動最適化エンジンの開発に着手したことを昨日のことのように思い出します。その日から今日までアプリデベロッパーの皆様が最大限にApple Search Adsを有効活用できるようなプラットフォームになるため、UNICORNとして何をすべきかと問い続け、プラットフォーム開発やナレッジの公開、デベロッパー様へのコンサルティングなど、さまざまな取り組みを進めてまいりました。
これからは公式パートナーとして、これまで以上にApple Search Adsの可能性を拡張していけるよう尽力してまいります。

UNICORNは、広告主や広告代理店が従来行ってきた“人による細かな運用や数値分析”に費やす時間を削減し、“人にしか行えない業務”に専念できる環境を整え、さらに本来のキャンペーンの目的であるユーザー獲得数やROAS(※)の向上をミッションとして、今後もサービス開発を行ってまいります。

また、アドウェイズグループでは、市場のニーズに柔軟に対応し、更なるサービスの拡充に努め、世界各国で効率的かつ実用的な広告マーケティングサービスの開発を実現してまいります。

※:ROAS (Return On Advertising Spend)
投下した広告費に対して得られた利益の割合のこと。広告の費用対効果。

UNICORNについて

月間買い付け可能トラフィック6,000億impを超える国内最大級のモバイルアプリ向けの全自動マーケティングプラットフォーム。SSPとのRTB取引の中でリアルタイムにインプレッションの価値を予測し、UNICORN上で展開される各キャンペーンにとって最適な価格での自動入札を実現。
URL:https://uni-corn.net/

UNICORN株式会社について

2013年アドウェイズの100%子会社として、アドテク領域における新サービスの開発をミッションに設立。既存サービスやステークホルダーに捉われない、自由な発想で時代をリードする新サービスの開発を行う。
URL:https://uni-corn.net/

関連リンク

株式会社アドウェイズ
UNICORN、日本初となるApple Search Ads Partnerに認定