ADKマーケティング・ソリューションズ、CHEQ JAPANと協力

ADKマーケティング・ソリューションズ

株式会社ADKマーケティング・ソリューションズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:植野伸一、以下「ADK MS」)はCHEQ JAPAN株式会社(本社:CHEQ AI Technologies Ltd. イスラエル、以下「CHEQ」)と協力し、リアルタイムアドセーフティを実現する次世代アドセーフティプラットフォームのパイロットテストを実施しました。

背景

インターネットの運用型広告では、さまざまな広告掲載先をネットワークとして取引されるのが通例ですが、その中には広告主のブランドを毀損する不適切サイトや、広告費用を騙し取る不正サイトが紛れ込む可能性があります。また、旅行会社の広告がニュースサイトの飛行機事故記事とともに掲載されるなど、広告主のブランドイメージを毀損するケースも考えられます。

ADK MSは、広告主に安全かつ信頼できる広告配信環境を提供すると同時に、インターネット広告市場の健全化を推進するために、これまでも広告掲載先のコントロールに注力してまいりました。
今回パイロットテストを行ったCHEQが提供するサービスは、広告掲載される前に掲載予定のサイトを機械学習で分析し、リアルタイムで不適切な広告掲載を未然に防ぐことを可能にします。具体的には、CHEQ TAG判定に基づいた不要インプレッションのブロックを行うことで、インプレッション単位の詳細なブロックする機能があります。このたび、ADK MSは広告主と共同で広告クリエイティブ側にCHEQ TAGを実装、配信することで、広告配信面の「ブランドセーフティ」「フラウドトラフィック」「ビューアビリティ」の確認を実施し、その有効性を確認しました。

ADK MSでは、先に発表いたしましたとおり、モメンタムの運営する「Agency Certification Program(ACP)」においての認定も受けており、ブランドセーフティなどの取り組みにますます注力していくなかで、今後はCHEQを活用したサービスも提供可能になります。

今後ともADK MSは、広告主に安全かつ信頼できる広告配信環境を提供するために、プラットフォームとともにインターネット広告市場の健全化を推進してまいります。

関連リンク

株式会社ADKホールディングス
ADKマーケティング・ソリューションズ、CHEQ JAPANと協力。リアルタイムアドセーフティの実現を目的とした、次世代アドセーフティプラットフォームのパイロットテストを実施




6月の月間ニュースランキングTOP10



6月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している6月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。