コロナ禍での男女の出会い方が多様化&市場拡大中! ~Adjustが発表したマッチングアプリに関する最新データを用いてうまくマッチングするためのコツを解説~

コロナ禍になってライフスタイルが変化した人が多いのではないでしょうか。特に緊急事態宣言下において外食がしづらくなり、人と会うことが制限される中、オンラインでの出会いの場がますます勢いを増して利用者数を伸ばしています。
今回は、日本でトレンドとなっている恋活・婚活のツールを、グローバルに展開するB2B SaaS企業であるAdjustが発表したマッチングアプリに関する最新データを用いて解説します。

■コロナ禍で6割以上が「以前よりパートナーを欲しいと思う」と回答

緊急事態宣言を期にマッチングアプリの使用を始めた割合は35.7%(男性31.7%、女性40.0%)で、男性より女性の割合が8.3ポイント多くなっています。また、緊急事態宣言を受けて、8割以上(5人に4人)の女性が、恋愛の出会いにおいて変化を感じており、6割以上が以前よりパートナーを欲しいと思い、約半数はマッチングアプリの利用頻度が増えたと回答しています。家で滞在する時間が増えたため、一緒に過ごす人の大切さを感じる人が増えたのかもしれません。

Adjust、マッチングアプリに関する最新データを用いて うまくマッチングするためのコツを解説~
Adjust、マッチングアプリに関する最新データを用いて うまくマッチングするためのコツを解説~

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000090.000004974.html

■日曜が狙い目!?データから見るマッチングのコツ

Adjustが発表しているマッチングアプリの利用状況の最新データによると、アプリをインストールしてから2日目が最も活発に利用されています。さらに、インストールが最も増加するのが土曜日であるということもわかっており、このことから、会社や学校が休みの日曜日に多く利用されていることが伺えます。つまり、日曜にアプリを活用するとより多くの人とマッチできる確率が高まると予想されます。

Adjust、日曜が狙い目!?データから見るマッチングのコツ
Adjust、日曜が狙い目!?データから見るマッチングのコツ

■コロナ禍での新機能「オンラインデート」。利用者の反応は?

自宅にいながら出会いのチャンスを掴むことができるツールとして、まず思いつくのがマッチングアプリですが、コロナ禍において、マッチングアプリの利用率は増加傾向にあり、Pairsでは、1~8月のアプリのダウンロード数は前年同期比2倍になるなど、その需要は高まりつつあります。外出自粛となって以降は知り合ったばかりの相手とデートをしづらい状況になり、どうにか離れていても顔を合わせられるようにと各社がこぞって「オンラインデート」サービスをリリースしています。しかしながら、ユーザーからは、「オンラインで相手の顔を見続けるのはしんどい」「恋愛に発展しづらい」というものや「同じ景色を見ている相手の表情を見ることもデートの楽しみ」というリアルでのデートの良さを再認識するような意見も寄せられています。そのような方には、単なるマッチングだけではない、ユニークな仕組みが設けられた新感覚のオンラインツール・アプリでの出会いを探してみるのもよいかもしれません。

Pairs
tapple
omiai

■オンライン恋活・婚活の場が多様化。「声だけで出会う」サービスも

アプリを使ってマッチングしてから実際にデートにつなげるためには、人間関係の構築という点で、ある程度の継続が大切です。しかし、平日は仕事で忙しい社会人にとって、毎日アプリを継続的に使うことは意外と難しいことでもあります。そんな方々にお勧めなのが、オンラインで婚活・恋活ができる下記のサービス。今後2025年までのオンライン恋活・婚活マッチングサービス市場は1,060億円まで伸びると予想されています。現在、新たに注目され始めているサービスを2つ紹介します。

オンライン恋活・婚活の場が多様化。「声だけで出会う」サービスも
引用:https://digitalinfact.com/news200127/

注目サービス①oVice (オーヴィス)

oVice (オーヴィス)
oViceとは、会話や雑談のしやすさに重きを置いたバーチャル空間で、オンライン上に参加している人のアバターが現れ、アバター同士の距離が近づくと、声も大きく聞こえるようになるという、顔ではなく声でのやりとりにより重きを置いたオンラインサービスです。話したいときに近づくだけで会話を始められるので、会話のための新しい部屋やグループを作る必要がなく、より現実世界に近いコミュニケーションが可能となっています。

注目サービス②Dine (ダイン)

Dine (ダイン)
Dineとは、初めに気になるお店を登録しておき、マッチングした時点で初デートが確定しているというアプリです。多忙な社会人やメッセージよりも会って相手のことを知るほうがよい人におすすめです。気になる相手にデートのオファーを送ると、自分が登録しているお店の情報も同時に送られます。承認されるとマッチングが成立し、48時間以内にデートを設定しなければいけない仕組みになっており、メッセージのやりとりで日程の相談をします。

関連リンク

adjust株式会社




2021年3月の月間ニュースランキングTOP10



2021年3月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2021年3月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。