ABEMA、F5とソフトバンクとともに、MECを活用した狭帯域での動画配信における最適化ソリューションの実証実験に成功

「ABEMA」がF5とソフトバンクとともに、MECを活用した狭帯域での動画配信における最適化ソリューションの実証実験に成功

ネットワーク帯域に制限のある環境下でMECを活用し、より高画質での視聴を実現

テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」を運営する、株式会社AbemaTV(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋)は、ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:宮内謙)、F5ネットワークスジャパン合同会社 (本社:東京都港区、代表執行役員社長 権田裕一)の3社にて、MEC(マルチアクセスエッジコンピューティング)を活用した動画配信の最適化ソリューションの実証実験を行いました。

概要

MECとは超低遅延や伝送負荷分散を実現するエッジコンピューティングの技術で 、5Gでの活用が期待されています。国内のインターネットトラフィックは年々増加を続けており、総務省が発表している「我が国のインターネットにおけるトラヒックの集計・試算」によると、国内のブロードバンド契約者の総トラフィックや、移動通信の総ダウンロードトラフィックは増加傾向にあります。(※1)さらに、従来コンテンツの高品質化や新たなサービスの普及が進む中、今後もインターネットの品質を維持・向上させるために、コンテンツ事業者とネットワーク事業者といった業界を超えた連携が求められています。(※2)このような背景をうけ「ABEMA」では、より少ない帯域で安定的に動画コンテンツを配信する技術の検証として、3社でのMEC を活用した実証実験を行うに至りました。

この実証実験の結果、スマートフォン1~2台程度でしか「ABEMA」を視聴できないような狭帯域の静止衛星通信環境にて、MECを活用することで、スマートフォン10台で同時に「ABEMA」の番組を安定的に視聴出来ることを確認しました。MEC でキャッシュを行わない場合、複数台のスマートフォンで映像が停止する状況でしたが、MEC でキャッシュを行うことで、理論的には仮に端末が10台以上となっても、MEC より後ろのネットワークへの負荷はほとんど変わらず、同時接続数の増加に伴うトラフィックの増加を最小限に抑えられることが分かりました。今後、実証実験を通して得た知見をもとに、「ABEMA」では動画コンテンツをより効率的に配信が可能となる構成を検討し、視聴者のみなさまが映像を快適にお楽しみいただけるよう努めてまいります。

これまでも「ABEMA」では、快適な視聴体験を実現するため、IPv6への対応を行うなど、先進的な技術を積極的に取り入れるほか、表示速度の改善や通信節約モード機能拡充など、利便性を高めるための取り組みを行ってまいりました。今後も生活の中に深く浸透したサービスになることを目指し、新たな技術への対応、機能追加など積極的なサービス開発を行ってまいります。

(※1)総務省 我が国のインターネットにおけるトラヒックの集計・試算
(※2)「インターネットトラヒック流通効率化検討協議会」の設立

「ABEMA」について

「ABEMA」は、2016年4月に本開局した、テレビ&ビデオエンターテインメントとして展開する動画配信事業。国内唯一の緊急・速報をはじめとした 24 時間編成のニュース専門チャンネルや、オリジナルのドラマや恋愛リアリティーショー、アニメ、スポーツなど、多彩な番組をお楽しみいただけます。また、オリジナルエピソード数は国内発の動画サービスで日本No.1(※1)を誇り、総エピソード数は常時 30,000 本以上を配信。登録は不要で、スマートフォンや PC、タブレット、主要なテレビデバイスにも対応し、いつでもどこでも、様々なシチュエーションで利用することができます。さらに、通信量を半分に削減可能な「通信量節約モード」や、放送中の番組を最初から視聴することができる「追っかけ再生機能」など、利便性を高めるための取り組みも積極的に行っています。また、月額960円のABEMAプレミアムに登録すると、限定コンテンツや「動画ダウンロード機能」「追っかけ再生機能」「見逃しコメント機能」が利用できるようになるなど、「ABEMA」をより一層お楽しみいただけます。

(※1) 2020年12月時点、自社調べ

関連リンク

株式会社サイバーエージェント
株式会社AbemaTV
「ABEMA」がF5とソフトバンクとともに、MECを活用した狭帯域での動画配信における最適化ソリューションの実証実験に成功




2021年3月の月間ニュースランキングTOP10



2021年3月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2021年3月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。