アトリビューション分析

アトリビューション分析とは、広告や自然検索などのアクションによる成果への貢献度を評価するための分析手法のことです。例えば、あるユーザーが広告経由から商品を購入した場合、そのユーザーが商品を購入する前にどのようなメディアを見ていて、それが購入にどのくらい影響を与えたのかを調査します。

従来は、動画広告を見たユーザーが自然検索から商品購入に至った場合、購入に影響したのは検索のみであると評価されており、費用が発生している施策を正しく評価できていませんでした。しかし、アトリビューション分析が登場したことで、従来は評価できなかった施策を正当に評価することができるようになりました。これにより、広告掲載のポートフォリオを組めるようになりました。

アトリビューション分析では、上記の例の場合、動画広告を見たからこそユーザーは自然検索したと推測することができるようになります。それにより、動画広告は商品購入に間接的な影響を与えた施策であると評価できるようになりました。

近年、メディアは多様化しており、これからも継続されると考えられています。アトリビューション分析とは、多様化するメディアを正当に評価する考え方であり、今後のWebマーケティングでは欠かせない分析方法と言えます。