OMO(Online Merges with Offline)

OMO(Online Merges with Offline)とは、オンラインとオフラインが融合した社会構造のことを指します。広告業界では、オンラインとオフラインが融合した新しいマーケティング手法を意味します。

同じような用語としてO2O(Online to Offline / Offline to Online)というものがあります。これはオンライン(またはオフライン)からオフライン(またはオンライン)へと消費者を誘導する施策です。つまり、O2Oとは両者を明確に区別して、一方から一方へと顧客の流れを作ることを意味します。

これに対してOMOとは、オンラインとオフラインを区別をせず、あくまでもUX(ユーザー体験)を主軸として考える施策です。つまり、あらゆるユーザー行動をデータ化し集約することで、ユーザー体験を向上させるマーケティングを行うことを目的としたマーケティング手法と言えます。

デジタル化が進んだことにより、顧客は販売チャネル(オンラインかオフラインか)を考えて商品やサービスを利用するわけではなく、その時に一番便利だと思うチャネルを使うようになりました。OMOとは、これまで分断していたオンラインとオフラインを融合させることで、顧客が求める様々な選択肢を提供していこうとする考え方なのです。これからの時代に即した新しいマーケティング手法として期待されており、デジタルの先進化が著しい中国では既にいくつもの成功事例が誕生しています。




4月の月間ニュースランキングTOP10



4月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している4月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。