サイカ、withコロナ・afterコロナのTVCM戦略をトップクリエーターが語るセミナーを開催

サイカ、withコロナ・afterコロナのTVCM戦略をトップ クリエーターが語るセミナーを開催

株式会社サイカ(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:平尾 喜昭、以下 サイカ)は、2021年3月4日より毎週木曜日に、オンラインセミナー「マーケティングの新潮流ーデータサイエンスが示すTVCMの未来ー」を開催します。パネラーは、au三太郎やトヨタイムズなどのTVCMを手がけたクリエイティブディレクターで、篠原誠事務所代表取締役CEOの篠原 誠氏と、クリエイティブ・ブティック「シンガタ」創設者の一人で、 松田康利事務所代表 の松田 康利氏です。モデレーターは、サイカ代表取締役CEOの平尾 喜昭です。

サイカ、withコロナ・afterコロナのTVCM戦略をトップ クリエーターが語るセミナーを開催

2020年8月にサイカが実施した「企業の広告宣伝担当者320人に聞いた、 新型コロナウイルス第2波がマーケティング活動にもたらす影響実態調査(*1)」によると、2020年7月以降の「全ての広告出稿を止めた(12.8%)」「大半の広告出稿を止めた(26.6%)」「一部の広告出稿を止めた(24.7%)」との回答があわせて64.1%に上りました。新型コロナウイルス流行の第1波(4〜5月)に比べ、広告出稿の制限は回復傾向にあるものの、依然として、広告の縮小傾向が続いていることが明らかになっています。

また、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、多種多様な分野でDX(デジタルトランスフォーメーション)が加速しました。広告業界でも、これまでDXが進んでこなかったオフライン広告において、データ活用の重要性が認識されるようになりました。
オフライン広告の中でも、特に広告投資額が大きいTVCMは、DXの進行により「業務が効率化・簡略化され、楽になる」「精度が上がり、事業成果がより獲得できるようになる」
ことが期待されています(*2)。

今回のセミナーでは、数多くの著名なTVCMの制作を手がけてきた篠原氏と松田氏を招き、どのようにデータを活用し、TVCMのクリエイティブ(企画・グラフィックデザイン・コピーなどによって構成された製作物)を向上させてきたかを解説します。また、TVCMが視聴者を惹きつけるために、今後、クリエイティブにとって必要なことについても対談します。

マーケティングの新潮流 ーデータサイエンスが示すTVCMの未来ー

主催

株式会社サイカ

日時

2021年3月4日(木)、3月11日(木)、3月18日(木)、3月25日(木)
いずれも 11:00-12:00
※全日程とも同じ内容です。ご都合のよい日程をお選びください。

会場

オンライン
※オフィスやご自宅からご視聴いただけます

費用

無料

対象

広告主様のマーケティングやプロモーション責任者/担当者限定
※広告代理店様、コンサルティング会社様はお断りさせていただきます

定員

各回50名 ※抽選あり

お申込み先

事前のお申込みが必要です。下記よりご確認下さい。
https://xica.net/magellan/seminar_hold/webinar210304/?sf_media=pr

この様な方にオススメ

  • TVCMの最新トレンドに興味のある方
  • トップクリエイターのクリエイティブに対する考えに関心のある方
  • 事業成果につながるクリエイティブ制作にお悩みの方
  • クリエイティブ制作においてデータを上手く活用するコツを知りたい方

※サイカおよびXICA、XICA ADVAの名称・ロゴは、日本国およびその他の国における株式会社サイカの登録商標または商標です。
※その他、記載されている会社名・商品名についても、各社の商標または登録商標です。
(*1) 企業の広告宣伝担当者320人に聞いた、新型コロナウイルス第2波が マーケティング活動にもたらす影響実態調査 ​https://www.atpress.ne.jp/news/223758
(*2) 企業の広告宣伝担当者209人に聞いた テレビCM出稿のDX化に対する意識調査 https://www.atpress.ne.jp/news/231962

注意事項
※イベント終了後、セミナー資料の配布はございません。
※セミナー内容の録画、録音、撮影については固くお断りさせていただきます。

情報元ページへ(株式会社サイカ)

備考
※こちらのセミナー情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※掲載のタイミングにより、情報元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。最新情報の確認、参加方法など詳細に関するお問い合わせ等は情報元ページにてお願いします。