【MMD研究所】携帯電話の違約金に関する調査を実施

MMD研究所

MMD研究所は、スマートフォンを所有する18歳~69歳の男女642人を対象に2019年6月20日~21日の期間で「携帯電話の違約金に関する調査」を実施いたしました。

調査対象について

調査概要

「携帯電話の違約金1,000円」の認知度は75.4%

解約違約金が1,000円になった場合の他の通信会社乗り換え検討者は20.2%

契約している通信会社の契約年数の平均は3年6ヶ月、2年以上契約している人が通信会社を変更しなかった理由「不満がない」「家族とのシェア割引や通信量の共有をしている」「調べることが面倒」

「携帯電話の違約金1,000円」の認知度は75.4%

スマートフォンを所有する18歳~69歳の男女642人を対象に、携帯電話料金について、2年契約の途中で解約する際の違約金を現在の9,500円から1,000円以下にするという案について認知状況を聞いたところ、「聞いたことがあり、内容を知っている」が41.0%、「聞いたことはあるが内容は知らない」が34.4%と合わせて認知度は75.4%となった。

MMD研究所

解約違約金が1,000円になった場合の他の通信会社乗り換え検討者は20.2%

解約違約金が1,000円になったら、あなたは現在利用している通信会社を変更するかという質問をしたところ、「具体的に乗り換えたい通信会社がある」が5.6%、「具体的に乗り換えたい通信会社はないが検討する」が14.6%と合わせて20.2%が乗り換え意向を示した。
続いて、乗り換え意向を示した人(n=130)を対象に、通信会社を乗り換えるならどの会社にするか聞いたところ、「楽天モバイル」が43.1%と最も多く、次いで「Y!mobile」が26.9%、「au」が23.1%となった。

MMD研究所 MMD研究所

契約している通信会社の契約年数の平均は3年6ヶ月、2年以上契約している人が通信会社を変更しなかった理由「不満がない」「家族とのシェア割引や通信量の共有をしている」「調べることが面倒」

現在契約している通信会社の契約年数を聞いたところ、最も多かった回答は「5年以上」で50.6%、次いで「1年以上、2年未満」「2年以上、3年未満」が9.8%となり、契約年数の平均は3年6ヶ月となった。

MMD研究所

現在利用している通信会社で2年以上契約していると回答した人(n=461)に、今まで通信会社を変更しなかった理由(複数回答可)を聞いたところ、「現在の契約プランに不満がないから」が33.2%と最も多く、次いで「家族とのシェア割引や通信量の共有をしているから」が29.1%、「乗り換える通信会社やその契約プランを調べることが面倒だから」が25.6%となった。

MMD研究所

※本調査レポートは小数点以下任意の桁を四捨五入して表記しているため、積み上げ計算すると誤差がでる場合があります。
※回答者の属性は会員登録後に無料レポートよりご確認いただけます。

注意事項
※こちらの調査情報は、調査実施者であるMMD研究所との提携により掲載しております。
※本ページ内で掲載している文章、及びその内容についての無断転載等は原則として禁止しています。
※データの利用、引用可否、調査データのついてのお問い合わせはMMD研究所まで必ずご連絡ください。

関連リンク

MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)
MMD研究所 プレスリリース
「携帯電話の違約金1,000円」の認知度は75.4%




9月の月間ニュースランキングTOP10



9月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している9月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。