MMD研究所、「スマホートフォンアプリコンテンツの利用状況」について調査結果を公表

2019年1月30日、MMD研究所は20歳~69歳の男女557人を対象に2018年12月27日~12月28日の期間で実施した「2018年スマートフォンアプリコンテンツに関する定点調査」について調査結果を発表しました。

調査結果について

要約

■ 現在利用しているSNS「Instagram」が32.1%、2014年より18.6ポイント増

■ スマートフォンでの音楽聴取は64.8%、2017年より5.8ポイント増

■ 2018年に最も利用したスマートフォンアプリのジャンルは「SNS、天気、ゲーム」

詳細

現在利用しているSNS「Instagram」が32.1%、2014年より18.6ポイント増

スマートフォンを所有する20歳から69歳の男女557人を対象に、Facebook、Twitter、Instagramの利用について聞いたところ、「現在利用している」という回答はFacebookが37.2%%、Twitterが41.3%、Instagramが32.1%となった。調査開始時の2014年ではFacebookの利用は52.0%だったが2018年には37.2%と4年で14.8ポイント下がる結果となった。一方、2014年のInstagramの利用は13.5%だったのに対して、2018年では32.1%と4年で18.6ポイント上がった。

Instagramは2017年12月と比較すると2.4ポイント増えていることがわかった。
さらに、各サービスで「現在利用している」という回答が最も多かった年代はFacebookでは20代が41.6%、次いで60代が39.2%となった。Twitterでは20代が65.2%と最も多く、次いで40代が43.5%となった。Instagramでは20代が最も多く46.1%、次いで30代で37.9%となった。
今回新たに調査項目に追加した動画共有SNS「TikTok」では、「現在利用している」という回答は5.4%だった。年代別で見ると、最も多かった年代は20代で12.4%、30代が7.8%となった。

スマートフォンでの音楽聴取は64.8%、2017年より5.8ポイント増

スマートフォンを所有する20歳~69歳の男女557人を対象に、スマートフォンで音楽を聴くかを聞いたところ、64.8%が音楽を聴いていると回答した。2017年12月の調査と比較すると5.8ポイント増えていることがわかった。

スマートフォンで音楽を聴いていると回答した人(n=361)を対象に、スマートフォンでの音楽利用状況(複数回答可)を聞いたところ、「YouTubeなどの動画サイトで音楽を聴いている」が53.5%と最も多く、「次いで購入したCDからスマートフォンに取り込んで聴いている」が42.1%、「iTunes Storeから購入して聴いている」が31.6%となった。2017年12月の調査と比較すると、「購入したCDからスマートフォンに取り込んで聴いている」が10.5ポイント、「YouTubeなどの動画サイトで音楽を聴いている」が6.4ポイント、「定額制音楽配信サービスで音楽を聴いている」が6.0ポイント増えていることがわかった。

2018年に最も利用したスマートフォンアプリのジャンルは「SNS、天気、ゲーム」

スマートフォンを所有する20歳から69歳の男女557人に、無料通話/チャットなどのコミュニケーション以外のスマートフォンアプリで2018年に最も利用したアプリのジャンルを聞いたところ、「SNS」が13.3%と最も多く、次いで「天気」が12.9%、「ゲーム」が12.0%となった。

上位5サービスを2017年12月の調査と比較すると、「天気」が3.9ポイント、「ニュース」が2.5%ポイント増えていることがわかった。

※本調査レポートは小数点以下任意の桁を四捨五入して表記しているため、積み上げ計算すると誤差がでる場合があります。※回答者の属性について、MMD研究所のホームページにて会員登録後に無料レポートよりご確認いただけます。

備考

注意事項
※こちらの調査情報は、調査実施者であるMMD研究所との提携により掲載しております。
※本ページ内で掲載している文章、及びその内容についての無断転載等は原則として禁止しています。
※データの利用、引用可否、調査データのついてのお問い合わせはMMD研究所までご連絡ください。

関連リンク