キメラ、4大プラットフォームの横断動画分析ツール「Tubular」提供開始

株式会社キメラ

「5G」時代に向けて動画コンテンツビジネスを強力な「横断分析」でサポート

株式会社キメラ(英文社名:XIMERA, Inc、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長COO:大東洋克)は、YouTube、Twitter、Facebook、Instagramの動画コンテンツを横断分析できるツール「Tubular」の国内提供を開始します。

背景と概要

次世代携帯電話技術「5G」への移行を目前にし、動画コンテンツの重要性はますます高まってきています。動画コンテンツでより多くのユーザーに接触するには、自社制作動画の分析だけでなく、YouTubeやInstagramなどプラットフォームにおける競合他社との比較や、個人クリエイターの人気動画の把握や囲い込み戦略が欠かせません。

キメラは2019年7月、YouTube、Facebook、Instagram、Twitterという4大プラットフォームの横断動画分析ツール「Tubular」を開発・提供するTubular Labsとパートナーシップ契約を締結しました。本日2019年8月9日から日本国内代理店としてTubularの営業・サポートの提供を開始します。

Tubularは、4大プラットフォームの全動画コンテンツを横断的に分析できます。日々新たに生み出される300万もの動画に対し、「インフルエンサー」「ブランド」などクリエイターの属性や、動画内容のジャンルなどを自動的に分類。何曜日に、あるいは、長さが何分の動画が多く再生されるといった統計値のほか、YouTubeやFacebookの動画なら視聴ユーザーの性別や年代の分布がわかります。これにより、「いまユーザーに受け入れられている動画のトレンド」「動画を公開するタイミング」「プラットフォームやジャンルに適した動画の長さ」を把握して動画コンテンツ戦略の精度を上げ、「若者」といった属性の視聴ユーザーを効率的に獲得し、動画によるメディアのブランディング、マネタイズ強化が可能になります。

Tubularの主要な機能やサービス

  • ビデオ・インテリジェンス:Tubularの分類から、パフォーマンスが高い動画コンテンツを容易に探せる。
  • オーディエンス・インサイト:自社や競合の動画を視聴するユーザーの性別・年代をグラフ表示。それらユーザーがほかにどういう動画を視聴しているかもわかる。
  • パフォーマンス・インサイト:プラットフォームや動画の長さ、内容のジャンルなど、どのような動画がよく視聴されているかをグラフで可視化。
  • クリエーター・インテリジェンス:インフルエンサーや、自社と比較するための競合クリエーターの発見。
  • ダッシュボード:競合や注目クリエイターを登録し、最新動向を素早く確認。
  • ディールメーカー:動画広告分析。同一の動画コンテンツが、どのメディア経由の掲載でパフォーマンスが高いかを調査できる。広告主、広告代理店向け機能。
  • プロフェッショナル・サービス:Tubularの分析担当者が、御社の動画ビジネスニーズに合わせた深い洞察を提供。

キメラは、記事コンテンツのエンゲージメント分析ツール「Chartbeat」、メディアのサブスクリプション管理ツール「Piano」を提供しています。今回、Tubularの提供開始により動画コンテンツ領域もカバーすることとなり、より広範囲なメディアビジネスのご支援が可能になりました。キメラでは、これら海外ツールの提供だけでなく、日本国内の課題に合わせた自社サービスの準備も進めております。今後のキメラの展開にご期待ください。

関連リンク

株式会社キメラ
キメラ、4大プラットフォームの横断動画分析ツール「Tubular」提供開始




7月の月間ニュースランキングTOP10



7月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している7月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。