ソウルドアウト、ダイナミックリターゲティング広告「LINE Dynamic Ads」で使用されるデータフィード連携への対応開始

2019年1月9日、ソウルドアウト株式会社が提供する、データフィードマネジメントツール「SO Data Feed Creator(エスオー データ フィード クリエイター)」が、LINE株式会社が新たに提供を開始したダイナミックリターゲティング広告「LINE Dynamic Ads」で使用されるデータフィード生成の対応を開始したことを発表しました。

概要

連携開始について

ソウルドアウトが提供する「SO Data Feed Creator(エスオー データ フィード クリエイター)」がLINE Dynamic Adsのデータフィード生成に対応しました。これにより、SO Data Feed Creatorを利用している企業は、「LINE」上で費用対効果の高い、商品データを活用したデータフィードに配信することが可能となりました。

また、「SO Data Feed Creator(エスオー データ フィード クリエイター)」はデータフィード生成ツール市場における相場に比較してリーズナブルな提供価格設定となっています。

提供サービスについて

ダイナミックリターゲティング広告「LINE Dynamic Ads」とは

LINE社が新たに提供を開始したダイナミックリターゲティング広告「LINE Dynamic Ads」は、ユーザーのWebサイトへの訪問履歴や閲覧ページに基づいてユーザーの好みや興味関心に合った動的な広告を作成し、ユーザーの再訪問を促すことのできる広告です。日本国内では月間6,800万人以上(※1)が訪れる「LINE」のタイムライン上に配信されるため、大規模なユーザーへのリーチが期待できます。

データフィードマネジメントツール「SO Data Feed Creator」とは

ソウルドアウトが提供する本ツールは、顧客企業の商品データを各配信先の媒体のフォーマットに合わせて自動で変換します(※2)。Webサイトをクローリング(※3)して商品情報(商品名・商品画像・価格・商品説明文など)を取得する機能を搭載しており、効率的にダイナミックリターゲティング広告の実装から配信までを請け負うことが可能です。

ソウルドアウトは、今後も地方、中小・ベンチャー企業様の抱える課題に合わせて、ツールやソリューションを組み合わせることで広告効果の最適化に尽力していくとコメントしました。

リリースに関するお問い合わせについては、下記の関連リンクよりご確認ください。

※1 2018年9月末時点の国内月間アクティブユーザー数

※2 「ソウルドアウト、中小・ベンチャー企業向けの商品データベースなどを活用した、データフィードマーケティング支援ツール『SO Data Feed Creator』を開発」(2018.8.14配信)

※3 クローリング:「クローラー(Webページ上の文書や画像などを、自動でデータベース化するプログラム)」がWebページを巡回し、データベースに登録する作業のこと。

関連リンク




4月の月間ニュースランキングTOP10



5月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している5月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。