オロ、Amazon広告のサービスメニューを開始

オロ、Amazon広告のサービスメニューを開始

Amazonでの売上げアップのための広告運用をフルサポート

デジタルマーケティングの戦略設計から、デジタルソリューションの実施・運用・効果検証までをワンストップで手掛ける株式会社オロ(本社:東京都目黒区 代表取締役社長:川田 篤 以下 オロ)は、インターネット広告事業において、一部の広告主様にのみご案内していたAmazon広告を正式メニューとして提供開始したことをお知らせいたします。

オロ、Amazon広告のサービスメニューを開始

背景

令和元年の日本国内のBtoC – EC(消費者向け電子商取引)市場規模は、19.4兆円(前年18.0兆円、前年比7.65%増)に拡大。日本の商取引の電子化が引き続き進展しています※1。そのような中で、AmazonはEC売上ランキング1位を獲得※2するなど、日本最大級のECプラットフォームとして、非常に重要な販売チャネルとなっています。ネットショップを営んでいる多くの企業がAmazonにも出品するなど、今後さらにAmazon内での競争が激化することが予測されます。オロでは、一部の広告主様にのみご提案していたAmazon広告のサービスをメニューとして提供を開始し、お客様ごとの商材、市場の特性、競合会社の動きに合わせ、最も高い費用対効果が得られるような広告プランの提案・運用を行い、Amazonでの売り上げアップをフルサポートいたします。
※1 経済産業省 2020年7月「電子商取引に関する市場調査」
※2 通販新聞の姉妹誌「月刊ネット販売」-第20回ネット販売白書(2020年)-

オロのデジタル広告運用

アドフラウド対応、ビューアビリティなどデジタル広告の各問題に対する対応の実施はもちろん、あらゆる媒体を活用できる体制の構築とノウハウの蓄積を行ないながら、効果的なデジタル広告運用を実現します。

・ビジネス指標に合わせた適切なKPI設計をもとに最適な広告プランを設計
・効果測定と成果管理による運用改善により費用対効果を改善
・企業ブランドを守るためのアドベリフィケーションの標準実施(広告を検証する仕組み)

豊富なノウハウと強固な体制でお客様のROASの最大化を実現してまいります。

関連リンク

株式会社オロ
オロ、Amazon広告のサービスメニューを開始 Amazonでの売上げアップのための広告運用をフルサポート