LocalFolio、実店舗への集客効果を可視化する新機能を提供 Googleマップの複数店舗の口コミや、マップ表示数などの一元管理が可能に

ローカルフォリオ、実店舗への集客効果を可視化する新機能を提供 Googleマップの複数店舗の口コミや、マップ表示数などの一元管理が可能に

〜ウェブ広告分析でGoogleマイビジネスに対応し、ロケーションデータ活用を推進〜

AIと人を組み合わせた少額予算からのWeb広告運用サービスを提供する株式会社ローカルフォリオ(英語表記:LocalFolio Inc.、本社:東京都港区、代表取締役社長:小林 治郎、以下「当社」)は、当社が運営するAI広告運用サービス「LocalFolio(ローカルフォリオ)」にて、Googleマイビジネスに対応し、実店舗への集客効果を可視 化する新機能を提供開始します。これにより広告主は、「LocalFolio」のレポート機能「MyFolio(マイフォリオ)」上で、GoogleマップなどのGoogleサービスにおける全国・複数店舗の口コミや評価点数、マップ表示回数など各種指標の閲覧が可能となります。また、期間やエリア、店舗別に実店舗への集客効果を閲覧することができる ため、複数店舗を運営する事業者の効率的なロケーションデータ活用が可能です。

ローカルフォリオ、実店舗への集客効果を可視化する新機能を提供 Googleマップの複数店舗の口コミや、マップ表示数などの一元管理が可能に

(Googleマイビジネス分析デモ画面・エリア、店舗選択時)

「LocalFolio」は、Google、Yahoo!、Facebookの複数媒体のインターネット広告の入札単価調整と予算配分をAI で自動最適化する広告運用サービスです。レポート機能である「MyFolio」にて、Web広告の効果分析に加え、電話 問い合わせなど入電による広告成果を把握できるコールトラッキングにも対応し、電話を含めたコンバージョンの 計測や、電話によるコンバージョンが生じたキーワードの可視化、通話録音による電話の内容の確認ができること が特徴です。

Googleマイビジネスとは、実店舗を持つ事業者が、Google検索やGoogleマップなどのGoogleサービス上に、自社の情報を掲載できるサービスです。情報は無料で掲載できるため、低コストで宣伝活動をすることが可能です。一 方で、宣伝活動の結果については、店舗ごとに分かれて提供されるため、複数店舗を運営する事業者は、集客効果の分析に手間がかかり、効率的なロケーションデータの活用が困難でした。

そこで「LocalFolio」がGoogleマイビジネスに対応することで、「MyFolio」上で、全国・複数店舗の口コミや 評価点数、マップ表示回数などの各種指標を、エリアや店舗別に一元管理できる新機能の提供に至りました。これにより、効率的にロケーションデータの活用ができるほか、ウェブ広告によるオフラインの集客効果を可視化することが可能となります。なお、本機能はパソコン版のみの提供となっており、今後はスマートフォン対応およびPDFダウンロード機能を追加予定です。

(Googleマイビジネス分析デモ画面・表示回数、検索回数など)

ローカルフォリオ、実店舗への集客効果を可視化する新機能を提供 Googleマップの複数店舗の口コミや、マップ表示数などの一元管理が可能に

(Googleマイビジネス分析デモ画面・口コミの内容件数、評価点数など

ローカルフォリオ、実店舗への集客効果を可視化する新機能を提供 Googleマップの複数店舗の口コミや、マップ表示数などの一元管理が可能に

『MyFolio』概要

サービス名:MyFolio(マイフォリオ)
提供開始日:2020年7月31日
料金:初期費用・月額費用0円(ローカルフォリオ利用料金に含む)
[機能詳細] 閲覧環境
・パソコン、スマートフォン対応

連携媒体

・Google広告(検索、ディスプレイ)
・Yahoo!広告(検索、ディスプレイ)
・Facebook広告
・Instagram広告

レポート内容について

・Google、Yahoo!、Facebook、Instagram広告の合算レポート
・キャンペーン別レポート
・クリエイティブ(キーワード、バナー)別レポート
・地域別/都道府県別レポート
・コンバージョン別レポート
・レポートデータのダウンロード
・電話によるコンバージョン計測、キーワードの可視化、通話録音による電話の内容の確認
・レポートのお気に入り登録

『LocalFolio(ローカルフォリオ)』について

サービス提供開始:2019年9月2日
料金:都度見積もり
対象媒体:Google、Yahoo!、Facebook、Instagram
特長:
・顧客企業は、広告運用媒体を選定する必要なく、AIが入札単価調整、広告予算の配分を自動化
・感情の理解が必要なホームページの修正や広告文は人が対応
・電話計測にも対応
・日次レポートでは媒体単体、全体を一元で閲覧可能
・対応広告媒体の拡充予定
・コンサルタントによるパフォーマンス報告と改善提案を月に一度の定例会にて実施

株式会社ローカルフォリオについて

当社は米国の大手インターネット広告代理店であるReachLocal Inc.の日本支社として2011年に営業活動を開始し、独自のプラットフォームを用いて、地域に根差した企業の成長を後押しすべくデジタルマーケティングの支援をしてまいりました。2018年10月には日本事業のさらなる発展のため、ニューホライズンキャピタル株式会社より出資を受け資本的に独立しております。今後、より日本の地域に根差した企業の成長を後押しすべく、システムもより親和性の高いものとして開発し、2019年8月13日に株式会社ローカルフォリオに社名変更しました。

関連リンク

株式会社ローカルフォリオ
AI広告運用サービス「LocalFolio」、実店舗への集客効果を可視化する新機能を提供 Googleマップの複数店舗の口コミや、マップ表示数などの一元管理が可能に 〜ウェブ広告分析でGoogleマイビジネスに対応し、ロケーションデータ活用を推進〜




2020年10月の月間ニュースランキングTOP10



2020年10月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2020年10月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。