Kaizen Platform、「Kaizen Ad for LP」の提供を開始~MILとの提携によりインタラクティブ動画を制作可能に~

2019年2月28日、株式会社Kaizen Platform(本社:東京都港区、代表取締役:須藤 憲司、以下 Kaizen Platform)は、これまでの動画広告クリエイティブ制作のノウハウを活かして、LP(ランディングページ)向けの動画クリエイティブに特化したソリューション「Kaizen Ad for LP」の提供を開始すると発表しました。

合わせて、MIL株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:光岡敦、以下 MIL)との業務提携を開始し、動画の視聴データを元にLPやQ&Aページのインタラクティブ動画を制作し、改善するサービスを共同で提供するそうです。

リリース概要

ユーザーのエンゲージメント向上に貢献するインタラクティブ動画

インタラクティブ動画とは、これまで一方的な情報発信に止まっていた動画に仕掛けを施すことで、動画内でユーザーのアクションを促すような次世代の動画フォーマットです。例えば、選択によって動画のストーリーが変化したり、動画中で気になるものをタッチすることで詳細の情報を得られるコンテンツに遷移したりなど、視聴するユーザーの目的や趣味趣向に沿った情報発信が可能となります。

ユーザーと双方向のコミュニケーションを実現するインタラクティブ動画を活用することで、通常の動画と比較して、より深い印象を残せたり、視聴時間が長くなり深いサービス理解を得られたりなど、ユーザーのエンゲージメント向上に貢献する様々な効果が期待できます。

インタラクティブ動画制作実績: https://kaizenad.mil.movie/8VnNLV/

Kaizen Platform とMILによる共同制作について

Kaizen Platformは、企業の事業成長にあわせウェブサービスを改善し業績向上を支援するプラットフォームサービス「Kaizen Platform」と、動画クリエイティブをデータドリブンに分析し、スピーディーに改善していくサービス「Kaizen Ad」のノウハウを組み合わせ、LP向けに特化した動画クリエイティブ制作サービス「Kaizen Ad for LP」の提供を開始しました。

また、MILとの業務提携し共同でLPやQ&Aページ用のインタラクティブ動画を制作するサービスを開始します。MILが提供するインタラクティブ動画編集プラットフォームと「Kaizen Ad」の連携により、視聴で終わらせないリッチなUXの開発や、”動画内の総タッチ数”や”最もタッチされたコンテンツ”などインタラクティブ動画ならではの分析データを元に、より効果的なクリエイティブの改善・制作が可能となります。

インタラクティブ動画編集サービス「MIL」について

MILは日本発の「インタラクティブ動画編集プラットフォーム」であり、無料会員登録後、誰でも簡単にインタラクティブ動画を編集することが出来ます。動画内の「ヒト・モノ・コト」に情報を埋め込む(タグを付ける)ことで、視聴者に“アクションを求め・促す”動画を編集・制作できます。具体的には「ストーリー分岐・外部リンク・ポップアップ・電話・クーポン・アンケートフォーム」などの機能追加が可能です。制作した動画の視聴データは、視聴者のインサイトとしてレポートに蓄積されるため、そのデータをもとにクリエイティブを改善できる点も大きな特徴です。

●MILについて: https://mil.movie/
●使い方紹介: http://blog.mil.movie/howto/697.html

「Kaizen Ad」とは

「Kaizen Ad」は、豊富なクリエイティブ制作実績を持ち、データに基いて動画広告のパフォーマンスを改善するソリューションです。低コスト・短納期で多数の動画広告のクリエイティブが制作可能な他、企業の折込チラシやマーケティングコンテンツの動画化にも対応しており、オンライン・オフライン双方からマーケティング効果の最大化に向けたサポートを行います。ターゲットや目的に合わせた事例やサービスの詳細など、詳しくはお問い合わせください。

詳細は関連リンクよりご確認ください。

関連リンク