アフィリエイトサービス「アクセストレード」、5G時代に向けて動画クリエイティブ配信機能を追加

2019年3月13日、インターネット広告・メディア運営事業の株式会社インタースペースは、成果報酬型インターネット広告のアフィリエイトサービス「アクセストレード」において、動画クリエイティブ配信機能を追加しサービスの提供開始を発表しました。

概要

新機能追加に至る背景

  • 動画広告市場と次世代移動通信方式

昨今、インターネットユーザーの動画視聴時間の増加にともない動画広告市場も拡大しています。国内動画広告市場は、2020年に2,900億円、2024年には4,957億円に達する見込みになると予測されています(出典元:株式会社サイバーエージェント)。

また、2020年には、「第5世代移動通信システム」いわゆる「超高速」「超低遅延」「多数同時接続」の5G(5th Generation)が実現し、5GとLTEの比較をすると最高伝送速度は約100倍、遅延は1/10になるとも言われています。この5Gのサービススタートにより、ユーザーストレスの軽減と広告主の動画広告利用促進を期待することができ、また動画広告の用途も現在中心となっているブランディングを目的としたものからユーザー獲得を目的としたものまで多様化していくと思われます。

「動画クリエイティブ機能」について

動画広告市場および通信環境の変化にともなって、「アクセストレード」は、広告主・アフィリエイターの動画広告需要に対応するために、動画クリエイティブの広告配信機能を追加しました。動画クリエイティブ機能は、webページの動画広告が画面に表示されてから再生されるため、広告主が訴求したい商品・サービスの内容を最初からユーザーに伝えられ、テキスト・バナー広告よりも多くの情報を発信することで、ユーザーに認知・興味喚起させることが可能です。

また、動画クリエイティブ内に、広告主のサービスページに遷移できるボタンを内包しておりユーザーの興味喚起から行動に繋げられるため、アフィリエイターが運営するサイトに動画クリエイティブ広告を掲載することで収益向上を見込むことができます。

現在、動画クリエイティブを登録している広告主は一部となりますが、今後も広告主の動画広告の利用用途に合わせ、動画クリエイティブ登録広告数の拡大を予定しております。

「アクセストレード」は、今後も、市場に合わせた変化に対応し、提携広告主および提携アフィリエイターの収益貢献につながるサービス改善に努めてまいります。

アクセストレードについて

インタースペース(https://www.interspace.ne.jp/)はアフィリエイト(成果報酬型広告)事業者として10年以上の運用実績があります。アフィリエイトサービスサイト『アクセストレード』 は、広告登録数約5,000、アフィリエイトサイト登録数約50万サイトとなっております。このネットワークとアフィリエイトサービスの経験を最大限に活かし、アフィリエイト広告市場の拡大と発展に寄与してまいります。

アクセストレードの詳細はコチラからご確認ください。

詳細は関連リンクよりご確認ください。

関連リンク




4月の月間ニュースランキングTOP10



5月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している5月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。