インテージ、ドコモ・インサイトマーケティングと共同で100万通り超の組合せから、AIとアンケートで最適なパッケージデザイン案を生成できるサービスを開発

株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:檜垣 歩、以下:インテージ)は、株式会社ドコモ・インサイトマーケティング(本社:東京都港区、代表取締役社長:熊谷 宜和、以下DIM)と共同で、AI技術とアンケート評価を使用し、商品パッケージのデザイン素材を組合せて最適なデザイン案を探索し生成できる「パッケージデザインAI最適化サービス」を開発しました。

概要

本サービスでは、最適化技術である遺伝的アルゴリズムをベースに深層学習による評価予測を用いたシステムを新たに開発しました。組合せ生成したデザイン案へのアンケート評価を実施し、その結果をAIが学習するプロセスを繰り返すことで、100万通り以上の組合せの中からでもターゲット層の消費者が高く評価する案を探し出します。

株式会社インテージ

従来の調査では事前に用意された数種類から十種類程度のデザイン案の中で優劣を評価していました。本サービスでは、デザイン案を構成する素材をそれぞれ複数用意することで、従来までとは桁違いの膨大な組合せの中から評価が高いデザイン案を生成することを可能にしました。新商品のターゲット層にあったデザイン方向性の探索、商品リニューアル時のデザイン変更内容の評価をはじめ、事前情報が少ない場合が多い海外展開時の各国向けデザインローカライズなどの幅広い場面でご活用いただけます。

すでに先行して生活雑貨メーカー様でご活用いただいており、引き続き本サービスのトライアル実施にご協力いただける企業様を募集しております。

今後もインテージおよびDIMは幅広い領域での最適化技術・AI技術の活用を推進し、お客様企業のマーケティングに貢献するサービス開発を進めてまいります。

関連リンク

株式会社インテージ
株式会社ドコモ・インサイトマーケティング
100万通り超の組合せから、AIとアンケートで最適なパッケージデザイン案を生成できるサービスを開発




8月の月間ニュースランキングTOP10



7月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している8月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。