GumGum、国内パブリッシャーネットワークの拡大で、コンテキスト広告配信を更に拡充

GumGum (ガムガム)、国内パブリッシャーネットワークの拡大で、コンテキスト広告配信を更に拡充

月間250億インプレッション規模のプレミアムパブリッシャーネットワークに拡大

GumGum(ガムガム)が、広告配信先のパブリッシャーネットワークを拡大し、最大月間250億インプレッション規模にまで成長したことをお知らせいたします。サードパーティクッキー規制への対応が叫ばれる中、高度なコンテキスト解析技術を活かした広告配信が、消費者・広告主・パブリッシャーにとって有益な広告環境を実現するとして、国内でも評価を集めています。

GumGum Japan株式会社

概要

AIを活用した独自のコンテキスト広告を提供するGumGum Japan株式会社(本社:東京都千代田区、代表:若栗直和、以下GumGum)は、広告配信先であるパブリッシャーネットワークの拡大をご報告いたします。2017年の国内サービス開始以降、高品質なコンテンツを提供する多くのパブリッシャーとの提携を広げており、2020年10月時点で配信可能な最大インプレッション数は、月間250億インプレッションにまで成長いたしました。

GumGumのコンテキスト広告は、自社開発のAIコンテキスト解析エンジン『Verity™️』により記事コンテンツの画像や文章、メタ情報をリアルタイムに解析します。ブランドセーフティを担保しながら、コンテキストに最適な広告を配信できることに加え、独自の広告枠、多彩なカスタムクリエイティブフォーマットなどの特長があります。

GumGumは、2008年に米国で創立以来、精度の高いコンテキスト広告をさまざまなマーケットに向けて提供しています。GDPR・CCPA・改正個人情報保護法を受けたプライバシー意識の高まりや、今後避けては通れないサードパーティクッキー規制への対応が叫ばれる中、高度なコンテキスト解析技術を活かした広告配信が、消費者・広告主・パブリッシャーすべてにとって優れた広告体験を実現するとして、国内でも評価を集めパブリッシャーネットワークの拡大につながっています。

GumGumを活用しているパブリッシャーからのコメント

株式会社講談社 松村 吏司氏

In-Screen(フッターオーバーレイ)広告を主に採用させていただいており、GumGum社の広告は素晴らしいデザイン性やインタラクティブ性があり、商品魅力を読者に押し付けるのではなく、受け入れやすいと考えました。

また、広告主様も1社1社が素晴らしく信頼ある広告をお届けできるのは大変魅力です。また、コンテキストにマッチしたタイミングで広告を配信できている点が大きく、読者が読んでいる記事の文脈とのマッチングが図れ、そのテクノロジーに惹かれました。

よりその精度を今後も向上させていただくことで、ビジネス・ファッション・スポーツ、エンターテインメント情報など数多くの記事を提供する弊社にとって、広告の配信コントロールの負荷の軽減も図れること、そして読者により良い広告を提供できることを期待しております。

導入サイト:現代ビジネス、FRaU、mi-mollet、with online、ゲキサカ 等

株式会社東洋経済新報社 新津 尚男氏

次の4点を魅力に感じ、GumGum広告の導入を決めました。
1. コンテキストターゲティング
2. クリエイティブ
3. クライアント
4. オーバレイx GumGumという取組みをビジネス系競合他社に先行し導入することの意義

弊社のサイトはPC・スマホでサイトのデザインが異なりますが、導入して改めてクリエイティブがサイトのデザインにマッチして違和感がなく美しいと感じました。他部署からもGumGum広告に対する評価は高く、当メディアとの親和性が高い点も魅力的です。

フォーマットとしてはIn-Screen(フッターオーバーレイ)を利用していますが、オーバーレイ広告はGumGumのみを採用しています。オーバーレイ広告は視認性が高い分、案件とクリエイティブが問われます。GumGumさんの配信案件はオーバーレイにふさわしい案件・クリエイティブです。他にない質の高いクリエイティブ フォーマットや配信形態を活かし、国内外からの出稿をさらに獲得する糸口として引き続き期待しています。

導入サイト:東洋経済オンライン

株式会社スペースキー 葛西 知氏

コンテキストを基に広告配信を行っていただけるため、コンテンツにあった広告、コンテンツを大事にした広告を配信いただけるなら配信したいと考えました。弊社のメディアは、キャンプや登山、釣りといったアウトドアメディアを複数運営しております。それぞれアウトドアと言ってもアウトドアメーカーだけでなく、「自動車」「アルコール飲料」「食料品」などアウトドアと相性が良いカテゴリが多く、またタイアップ記事や純広告の引き合いは増えてきております。GumGumさんのコンテキストターゲティングで取引実績がない企業様やカテゴリを見つけ、また実績や価値をお返しすることでアウトドアの価値を提供、認識していただけるようにしていきたいです。

クリエイティブ・フォーマットに関して、実は今まで、GumGumさんから配信されるような広告フォーマットやクリエイティブサイズはお断りしているものでした。しかし、デモや他社メディア様で目にしていたクリエイティブならデザインやインタラクティブ性、またコンテキストターゲティングもあり読者に邪魔することなく届けられているのではと考えております。わたしの周りの事業者様からのクリエイティブの評判は良いです。

また弊社のメディアでは、読者が不快に感じるであろう広告、例えばコンプレックス広告や部位強調なクリエイティブ、フェイク広告といった広告はできるだけ配信しないように運用しております。GumGumさんではよくある標準フォーマットよりも大きいサイズということもあり配信される案件が心配な部分もありました。しかし事前掲載可否確認が可能な点や信頼ある広告主様の案件がメインでしたので安心して配信しております。

GumGumさんを通じて、読者により良い広告を提供できるよう努めていきたいです。

導入サイト:CAMP HACK、YAMA HACK 等

GumGum Japan マネージング・ディレクターの若栗直和は、「弊社のミッションは、消費者・広告主・媒体社・DSPを含む全てのステークホルダーにとって、意味や価値のあるコンテキスト広告の提供にあります。我々のアプローチに賛同していただけるパブリッシャーの方々が増えていることは大変嬉しいことで、我々としてもパブリッシャーの良質なコンテンツが持つ価値を最大限引き出すことで、期待に応えていきたいと思います。」とコメントしています。

また、GumGum Japan ビジネスデベロップメント・ディレクターの宇田川資は、今後の展望について「広告主にとっての利便性とパブリッシャーにとっての収益性の向上のため、今後DSPとの連携を始めとしてプログラマティック広告のGumGumを通じた流通の拡大に注力していきたいです。また、既存のパブリッシャーはもちろんのこと、さらに多くの良質なパブリッシャーに対してより満足度の高いサービスを提供していきたいと思います。」と語ります。

日本国内でのGumGumの広告サービスについてのお問い合わせは japan@gumgum.com、または以下の問合せフォームよりご連絡ください。
https://japan.gumgum.com/contact

GumGumについて

独自の画像認識技術を持つ米国カリフォルニア発のAIテクノロジー・カンパニーです。世の中の膨大なビジュアルデータの持つ価値を顕在化し、広告・マーケティング課題の解決に活かすことをミッションに活動しています。主なサービスの特長は、ウェブサイト上の画像と文章をAIで理解してコンテンツ文脈に沿った広告配信を行う「コンテキスト・ターゲティング広告」、徹底したブランド毀損回避(ブランドセーフティ)、不正広告(アドフラウド)の除外、カスタマイズ性の高いリッチなクリエイティブ表現です。現在、北米・欧州・豪州をはじめ、世界各国で「Fortune 100」企業向けの広告を展開しています。日本国内でも2017年後半からサービスを開始しており、現在150社以上の広告キャンペーンを手掛けています。

関連リンク

GumGum Japan株式会社
GumGum (ガムガム)、国内パブリッシャーネットワークの拡大で、コンテキスト広告配信を更に拡充




2020年10月の月間ニュースランキングTOP10



2020年10月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2020年10月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。