GDO、マーケティングAIプラットフォーム「VALIS-Cockpit」を活用し、根拠をもったセグメント設定で年間LTVが2倍に

株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン(本社:東京都品川区、代表取締役社長 石坂 信也、以下GDO)は、SMN株式会社(以下SMN)とソネット・メディア・トレーディング株式会社(以下SMT)と共に、SMN株式会社が提供するDSP(*1)「Logicad」の広告配信、及びマーケティングAIプラットフォーム「VALIS-Cockpit」(*2)のデータ分析を活用し、高いLTVが見込める新規顧客の獲得を目的とした取り組みを2019年3月より実施しました。
その結果、データを活用したマーケティングによる新規顧客の獲得のうち、特に自社データ(1St Party Data)だけに頼らない新規顧客の獲得という課題に対し、以下の効果がありました。

サマリー

◇ 概要
・企業名 :株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)
・広告配信と分析:SMN株式会社、ソネット・メディア・トレーディング株式会社
・広告配信方法 :DSP「Logicad」による広告配信
・分析方法    :マーケティングAIプラットフォーム「VALIS-Cockpit」 によるAI分析
・期間     :2019年3月~2019年10月
・訴求内容 :ECショップにおける商品購入の促進
・目的        :データを活用した広告配信とAI分析により高いLTVが見込める新規顧客を獲得する
・課題     :自社データ(1St Party Data)に頼らない新規顧客獲得セグメントの作成
◇ 取り組み
・広告配信(DSP「Logicad」)の結果と、VALIS-Cockpitによる分析内容をもとにした各施策を実施し、PDCAサイクルによる配信の効率化をはかる。
・目標として、高いLTV(Life Time Value)が見込める新規顧客獲得を実現する。
◇ 効果
・「VALIS-Cockpit」を活用し、新規顧客獲得のための有効なセグメントを発見
・新規顧客の年間LTVが平均の2倍に向上
◇VALIS-Cockpit活用事例(GDO)
https://www.so-netmedia.jp/assets/uploads/2020/02/smn_whitepaper_20200203.pdf

イメージ

株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン

インターネットでゴルフのワンストップ・サービス(見る・買う・行く・楽しむ)を展開する「GDO」は、今後も新しいゴルフの楽しみ方を追求するとともに、ゴルファーにとって快適なゴルフライフを提案し、ゴルフの楽しさ・素晴らしさをより多くの人々へ伝えてまいります。

*1 DSP(Demand Side Platform)
広告主の広告効果の最大化を支援する広告配信プラットフォーム。媒体社の広告収益を最大化するためのプラットフォームSSP(Supply Side Platform)とともに、RTB(Real Time Bidding)を通じて、広告枠の売買をリアルタイムに行っています。
*2 「VALIS-Cockpit」
膨大なユーザー行動データを高度な分析と可視化技術により、デジタルマーケティングの一元化・自動化を実現するマーケティングAIプラットフォーム。

関連リンク

株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン
マーケティングAIプラットフォーム「VALIS-Cockpit」を活用し、根拠をもったセグメント設定で年間LTVが2倍に




2020年1月の月間ニュースランキングTOP10



2020年1月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2020年1月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。