デジタルガレージ、実購買データに基づく広告最適化レポートサービス「STORY」を提供開始

デジタルガレージ STORY

~広告受容性が高いエリアや期間を特定し、広告プランへ反映可能に~

株式会社デジタルガレージ(東証一部 4819、本社:東京都渋谷区、代表取締役 兼 社長執行役員グループCEO:林 郁、以下:DG)は、実購買データに基づく広告代理店向け広告最適化レポートサービス「STORY」の提供を開始します。広告担当者は本サービスを活用することで、消費者に購入意欲があり、広告の受容性が高いと想定されるエリアや期間を特定し、広告を最適化できます。

背景

DGはこれまで、株式会社True DataのID-POS*1データを活用した広告運用サービス「POS-UP!-オンライン広告™」を多くのクライアントに提供してきています*2。True DataのID-POSは、スーパーマーケットやドラッグストアにおける延べ5,000万人に及ぶ購買情報をもとに統計化したデータです。本サービスは、この広告運用サービスで獲得したノウハウをもとに、実購買データを広告に活用できるDG独自のレポートサービスです。これまで広告担当者が購買データを活用して広告プランニングや評価を行う際、データ分析に多くの時間や人的コストが必要という課題がありました。本レポートサービスを活用すると、広告プランニングや運用、評価等それぞれの用途に最適化されたグラフや表を用いた分析結果レポートを最短1営業日で取得可能です。本レポートサービスを広告プランニングや評価指標に活用することで、広告のROIの最大化と店頭売上の向上が期待できます。

DGは、今後もグループが持つアセットや保有するマーケティングノウハウを組み合わせ、新しいマーケティングソリューションを拡充し、企業のマーケティング活動を支援します。

STORY、サービス概要

デジタルガレージ STORY

【サービスサイトURL】http://dgmt.garage.co.jp/service/story
【サービスに関する問い合わせ先】story@garage.co.jp

*1: ID-POS:顧客ID付POS(販売時点管理)のこと。従来のPOSで分かりえなかった、消費者を起点とした「どのような人が、何を、いつ、どこで、いくつ、いくらで買ったか」、さらに「リピート状況はどうなっているか、一緒に何を買っているか、次に何を買うように変わったか」を把握します。
*2: 関連リリース:「店頭の顧客獲得を狙うメーカーを支援、日本最大級のID-POSデータ連動型広告運用サービス「POS-UP-オンライン広告™」の提供を開始」(2017年8月18日発表)https://www.garage.co.jp/ja/pr/2017/08/20170818.html

関連リンク

株式会社デジタルガレージ
デジタルガレージ、実購買データに基づく広告最適化レポートサービス「STORY」を提供開始




2020年2月の月間ニュースランキングTOP10



2020年2月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2020年1月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。