電通、Global Esports Federationと戦略パートナーシップを締結 eスポーツのさらなる推進と発展をめざす

電通

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:五十嵐 博)は、今後さらなる発展が見込まれるeスポーツ事業をグローバルで推進していくため、本日、Global Esports Federation(以下「GEF」)と戦略パートナーシップを締結しました。

GEFは、2019年12月にシンガポールで設立されたeスポーツの国際団体です。eスポーツはもちろんトラディショナルスポーツ団体やアスリートなどの多様な関係者により構成されており、団体・企業などが有機的に結びつき、共に成長していくeスポーツのエコシステム確立を目指して活動を行っています。テンセント社(中国)がファウンディンググローバルパートナーとなっており、日本からは一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)が加盟しています。

この戦略パートナーシップにより、今後、電通とGEFは両者で新たなマーケティングプログラムやeスポーツイベントなどの開発に取り組み、またeスポーツのさらなる世界的な普及を目指して、JeSUと連携しながら、さまざまなゲームパブリッシャー※やスポンサー、国際団体等と協働してまいります。

※ゲームパブリッシャー:ゲームタイトルを企画し、宣伝広報や販売、リリースを行う企業

関連リンク

株式会社電通
電通、Global Esports Federationと戦略パートナーシップを締結




2020年6月の月間ニュースランキングTOP10



2020年6月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2020年6月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。