DAC、アプリ事業者向けにLINEを活用した「DialogOne® for App」を提供開始

このたび、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:島田雅也、以下 DAC)は、アプリ事業者向けにLINEを活用した「DialogOne® for App」の提供を開始しました。これによりアプリ事業者は、自社のアプリ利用ユーザーに対して、アプリと関連度の高い潜在顧客の集客から、課金ユーザーへのリテンション施策までを、LINE内において一気通貫で実現することができます。
なお、「DialogOne® for App」は、日本国内のみならず、中国や欧米などのアプリ事業者が日本でプロモーションを展開する際に活用することが可能です。

「DialogOne® for App」の概要

DACが開発・提供している「DialogOne®」(※1)は、LINEやFacebook Messengerを活用し、企業が保有する顧客情報とLINEなどのユーザーのアカウント情報他を掛け合わせ、各ユーザーに最適化したメッセージを配信することができるソリューションです。

活用例

例えばゲームアプリにおいては、無料でサービス提供を行い、一部のユーザーに課金を促すことで収益を得る仕組みが主流となっています。そのため、アプリ事業者にとって、新規ユーザー獲得に加え、アプリインストール済みユーザーのアプリ利用促進とLTV向上が重要となっており、ユーザーの「エンゲージメント」「リエンゲージメント」を高めるためのCRMを実施し、いかに課金利用者を増やすか、1人あたりの課金売上額増加に繋げるか、といった施策のニーズが高まっています。

今回提供を開始する「DialogOne® for App」の導入により、アプリ事業者は、アクイジションからリテンション施策までを、LINE上において一気通貫で実施することが可能になります。具体的には、AdjustやAppsflyerなどの効果測定ツール(※2)で計測した、ユーザーの課金有無やアプリの起動実績などに応じてセグメント化を行い、ユーザー一人ひとりに対して利用を促進するための最適なメッセージ配信を行います。頻繁に課金をしてゲームをする実績があるが直近3日間ログインを行っていなかったユーザーに対して、LINEを通じてアプリの起動を促すようなメッセージを送ることなどができます。
また、既存ユーザー情報を「AudienceOne®」(※3)と連携することで、アプリを利用しているユーザーと類似した潜在顧客に対して、LINE Ads Platformを通じてLINE上で広告配信を行うことが可能となります。

配信イメージ

今後について

DACは、今後もパートナー企業との連携強化や「DialogOne®」の機能拡充に積極的に取り組み、企業のマーケティング活動支援のためのソリューションの充実化に努めます。

(※1)「DialogOne®」について https://solutions.dac.co.jp/dialogone
(※2)その他の効果測定ツールの対応状況に関してはお問い合わせください。
(※3)「AudienceOne®」は、月間4.8億ユニークブラウザと1億以上のモバイル広告ID、1兆レコード以上の膨大データを保有し、そのデータを解析して高精度な3rdパーティデータを提供する国内最大級のデータ・マネジメント・プラットフォーム(DMP)です。Webサイトの行動データやCRM、広告配信結果、パネルアンケート結果などさまざまなデータを統合し、分析/可視化、また豊富な連携チャネルを活用した“新規顧客の獲得”から“既存顧客へのLTV向上”までを一気通貫で実現する高度なマーケティング環境の提供を可能にします。https://solutions.dac.co.jp/audienceone

関連リンク

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
DAC、アプリ事業者向けにLINEを活用した「DialogOne® for App」を提供開始

syncAD_logo

アクイジション

2018年10月10日
syncAD_logo

LTV(顧客生涯価値)

2018年10月16日




11月の月間ニュースランキングTOP10



11月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している11月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。