D2C R、D2C、アーリーリフレクションが共同開発 D2C Rが提供する広告効果測定データ基盤「ART DMP」に 「チャーン予測機能」を追加

株式会社D2C R(本社:東京都中央区、代表取締役社長:岡 勇基、以下D2C R)と株式会社D2C(本社:東京都中央区、代表取締役社長:高橋 英行、以下 D2C)、株式会社アーリーリフレクション(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田中 喜之、以下アーリーリフレクション)は三社共同で、アプリを休眠するユーザの予測が可能な「チャーン予測機能」を開発し、D2C Rが提供するスマートフォン向け広告効果測定データ基盤「ART(アート)DMP(ディエムピー)(※1)」の機能として追加いたしました。

背景と概要

昨今、アプリの運営において、利用者の継続利用率は重要な指標の一つとなっており、継続利用しなくなるユーザに対して適切なアプローチをする必要性が高まっています。
そのような背景から、D2C Rはアプリをインストールしたユーザの活用促進を目的としたリテンション施策のサービスを拡充してまいりました。

このたびD2C RとD2C、アーリーリフレクションが共同開発した「チャーン予測機能」は、ユーザのアプリ利用ログを蓄積するART DMPに機械学習のモデルを組み込むことにより、アプリを休眠するユーザの予測と抽出を可能にし、これらユーザにリテンション広告などでアプローチすることで、ユーザの継続利用率を高め、アプリのDAUやMAU(※2)の増加に貢献することが期待できます。

株式会社D2C R

D2C Rは今後も「ART DMP」の機能アップデートにより、アプリを利用する様々なユーザを多角的に分析できるサービスの拡充に尽力し、その質を向上させてまいります。

※1:DMP(Data Management Platform)とは、WEB上のあらゆる大量のデータを蓄積・分析し、広告配信等での利用・活用を可能にするデータ基盤のこと
※2:DAU(Daily Active Users)とは、ソーシャルメディアやソーシャルアプリなどにおいて、1日にサービスを利用したユーザ(アクティブユーザ)の数のことMAU(Monthly Active Users)とは、月間のアクティブなユーザ数を計る指標のこと

D2C R ART DMP

『ART DMPとは』

「ART DMP」は、蓄積、分析されたデータを提携先のDSP・アドネットワークやソーシャルメディア等に提供することでリテンション広告配信等に利用することが可能なデータ基盤です。今後も、D2C Rは、アプリ事業者のより効果的・効率的なプロモーションを支援していくべく、「ART DMP」の導入を推進してまいります。
これまでの連携媒体:AdCorsa、AppAmore、Applovin、BLADE、Bypass、Dynalyst、Evory、i-mobile、maio、nend、Red、Twitter、 Vidspot、YouAppiリエンゲージメント、Zucks
https://www.d2cr.co.jp/artdmp/

株式会社D2C Rとは

株式会社D2C Rは、アプリ・Web配信企業やコンテンツプロバイダをはじめとする広告主のニーズにマッチした、効果的な広告の開発・提供を行うデジタルマーケティング会社です。D2C Rでは、企業が提供する良質なコンテンツやサービスに関する情報を、より多くの生活者に届けることを通じて、生活者の生活をより豊かにします。また、モバイルコンテンツ市場の健全な発展に寄与すべく、安心かつ効果的なデジタルマーケティングサービスを提供しています。
URL:https://www.d2cr.co.jp

関連リンク

株式会社D2C R
D2C R、D2C、アーリーリフレクションが共同開発D2C Rが提供する広告効果測定データ基盤「ART DMP」に「チャーン予測機能」を追加




6月の月間ニュースランキングTOP10



6月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している6月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。