サイバー・バズ、企業・ブランド向け「オリジナルキャラクター制作×SNSアカウント運用」サービスの提供開始。同時に「有名キャラクターを活用したプロモーション支援メニュー」も提供開始

ソーシャルメディアマーケティング事業を展開する株式会社サイバー・バズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:髙村彰典)は2021年4月より、株式会社wwwaap(本社:東京都渋谷区、代表取締役:中川元太、高橋伸幸)と連携し、企業・ブランド向けに「オリジナルキャラクター制作×SNSアカウント運用」サービスを提供開始いたしましたのでお知らせいたします。SNSで人気のクリエイターが企業・ブランドのコンセプトに合わせて1から制作するオリジナルキャラクターを活用し、漫画やアニメ等も新たに投稿コンテンツとして盛り込むことで、アカウント運用のさらなる効果向上に貢献して参ります。

また、各社と連携して、書籍化、映像化などで実績がある既存の有名キャラクターをコンテンツに活用できる「有名キャラクターを活用したプロモーション支援メニュー」の提供も開始いたしました。

サイバーバズ、オリジナルキャラクター制作×SNSアカウント運用

■「オリジナルキャラクター制作×SNSアカウント運用」サービスについて

キャラクターは企業や商品の代弁者であり、消費者と繋ぐ存在としてブランドに対する認知や理解促進、好意度の向上への貢献が期待されます。最近は企業が公式のLINEやTwitterアカウント等で限定的に、発信コンテンツの軸としてキャラクターを活用をみるケースが増えています。

当社はこれまで多数の企業・ブランド様のSNSアカウント運用のご支援をさせていただいており、その中で蓄積された運用ナレッジを最大限に活用し、コンセプト設計からオリジナルキャラクター制作、キャラクターを活用したコンテンツ作り、広告運用、効果測定まで一気通貫でサポートいたします。

本サービスの対象プラットフォームは、Twitter・Instagram・LINEで、複数のプラットフォームへの同時展開で効果をさらに高める取り組みも実施可能です。親しまれるキャラクターに育てるためには、デザインだけではなく性格や特性、メッセージの伝え方が重要になってきており、各プラットフォームの特徴を活かしてフォロワー増加やエンゲージメント向上につながるプランニングをいたします。

株式会社wwwaap 会社概要

「つくりたい人の未来を創る」をミッションとしている、SNSで人気の漫画家・イラストレーターを中心とした「SNSクリエイター」のエージェントです。SNSクリエイターの発信力と創作性を活用したマーケティング事業と、SNS発のキャラクター等IPの開発・運営をするライセンス事業を行っています。

・会社名:株式会社wwwaap(ワープ)
・代表者名:中川元太、高橋伸幸
・事業名:クリエイターを中心としたマーケティング事業及びコンテンツプロデュース事業
・会社所在地:〒150-0011 東京都渋谷区東1-26-30 宝ビル7F
・HP:http://wwwaap.co.jp/

■「有名キャラクター活用プロモーション支援メニュー」について

各社と連携し、書籍化、映像化(アニメ、映画、ドラマ)などで実績がある大手出版社が保有する有名キャラクターを広告に活用することが可能です。Twitter・Instagram・LINE・TikTokの各種プラットフォームにおける活用から店頭販促での活用までトータルでプランニングいたします。
詳細は下記までお問い合わせください。

今後も、当社で蓄積してきたソーシャルメディアマーケティングの知見を活かし、広告効果を高めるマーケティング施策の実施やツール開発に尽力してまいります。

■株式会社サイバー・バズ 会社概要

株式会社サイバー・バズ 会社概要
2006年に創業、2019年にマザーズ上場。現在「コミュニケーションを価値に変え、世の中を変える。」というミッションのもと、インフルエンサーを主軸としたソーシャルメディアマーケティング事業を展開。「インフルエンサーサービス」「SNSアカウント運用代行」「インターネット広告代理販売」などSNS周辺領域のソリューションを一気通貫で提供。

■関連リンク

株式会社サイバー・バズ
サイバー・バズ、企業・ブランド向け「オリジナルキャラクター制作×SNSアカウント運用」サービスの提供開始。同時に「有名キャラクターを活用したプロモーション支援メニュー」も提供開始。