CCI、The Trade DeskおよびSpotX、国内インストリーム動画広告取引で連携 SpotX利用客へのプログラマティック配信を実施

株式会社サイバー・コミュニケーションズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:新澤 明男 以下 CCI)、The Trade Desk, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、CEO:ジェフ・グリーン、以下 The Trade Desk)、およびSpotX Inc.(本社:アメリカ合衆国 コロラド州 デンバー、CEO/President: マイクシーハン 以下 SpotX)は、CCIの取扱うプレミアムインストリーム動画広告在庫を対象にSpotX動画配信プラットフォームとThe Trade Deskを連携し、プログラマティック取引環境を展開して参ります。

背景

近年、インターネット広告におけるブランドの安全性が注目を集めていますが、この度の連携によりThe Trade Deskを利用する広告主・広告会社及びSpotXを利用する媒体社は、CCIが創出するブランドの安全性が確保された質の高い動画広告在庫の取引が可能となります。加えて、SpotXがThe Trade DeskのUnified IDソリューション(The Trade Deskが特許を持つグローバルで共通のクッキーIDを使用することでSSP・DSP・DMP等のパートナー会社とのクッキーシンクのマッチ率を向上させCookie情報をより広範囲に網羅できるソリューション)を導入したことにより、ユーザーマッチ率が向上する為The Trade Deskを利用する広告主・広告会社は、ターゲティング可能なプレミアム在庫の増加が期待され、SpotXを利用する媒体社は、取引の増加が期待できます。

The Trade Desk 担当コメント

The Trade Deskの日本担当カントリーマネージャー新谷哲也は次のように述べています。「このたび、The Trade Deskが国内インストリーム動画広告のプログラマティック配信の取引において、CCIおよびSpotXと連携したことを大変嬉しく思います。The Trade Deskは国内インストリーム動画広告配信におけるプレミアム動画在庫の獲得に注力しており、今回のCCIそしてSpotXとの連携は大きなマイルストーンになると確信しています。今後も引き続きプレミアム在庫を保有するインベントリパートナーと連携して透明性の高い広告配信プラットフォームを提供するだけでなく、質の高い動画広告在庫の獲得・拡大に尽力して参ります。」

SpotX 担当コメント

SpotXの日本カントリーマネージャー原田健は次のように述べています。「SpotXとしてはThe Trade DeskのUnified IDソリューションが動画ビジネスで大きく貢献できることを確信しております。この技術を使えばDSPが認識ができるオーディエンスが増え、プログラマティック取引においてより多くのプレミアム在庫に配信が可能となります。」

引続き3社は協力して、各クライアント向けに最適なソリューション・サービスを展開し、健全な動画広告市場の拡大を推進します。

関連リンク

株式会社サイバー・コミュニケーションズ
CCI、The Trade DeskおよびSpotX、国内インストリーム動画広告取引で連携 SpotX利用客へのプログラマティック配信を実施

動画広告

2018年10月15日




7月の月間ニュースランキングTOP10



7月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している7月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。