ファインズ、触れる動画!次世代の動画サービスであるインタラクティブ動画「Branch」を正式リリース

株式会社ファインズ BRANCH

多様なコンテンツ制作・インターネット広告・ウェブシステムの企画・立案・提供などを手がけている株式会社ファインズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:三輪 幸将)は、19年6月からテスト販売を行っていたインタラクティブ動画制作サービス「Branch(ブランチ)」を11月1日に正式リリース致します。

インタラクティブ動画とは?

動画の中にユーザーがクリックやタップなどのアクションをすることが出来る要素を用意した、視聴者参加型の動画コンテンツです。

インタラクティブ動画の効果

1.印象に残りやすい

今までの動画にはないクリックやタップなどのアクションが、ユーザーの印象に残りやすい効果が期待出来ます。

2.エンゲージメントの向上

自ら操作が出来るので、ユーザーは展開される内容を興味深く視聴し続けます。結果的に視聴時間が伸びることになり、目標としているコンバージョン獲得に近づきやすくなります。

3.効果改善しやすい

どこをクリック・タップしているのか、どの経路がコンバージョンにつながりやすいのか、Webサイトでは当たり前にできるデータの蓄積や分析、改善が動画でも可能になります。これまでは動画の改善につながる根拠のあるデータは取得しづらい状況でしたが、それが動画でも可能になります。

【活用例】

インタラクティブ動画「Branch」は「集客」や「集客」など様々なシーンで活用することが可能な次世代の動画サービスです。

宣伝方法には、テキスト、画像、イラスト、サウンド、ナレーション、匂い等、様々あるかと思いますが、
その中で動画は、短い時間内に”多くを伝える”、”印象づける”という目的において最適の方法になるかと思います。

ただ、唯一の欠点は、ホームページなどのように、ユーザーそれぞれが興味ある内容を選択することが出来ないため、「費用が気になるユーザーなのに、動画のスタートがサービス紹介」だったり、その逆などが起こり、意図しない離脱が起きやすい点です。

「Branch」ではユーザー側に選択肢を設けて、かつ動画の良さである”多くを伝える”、”印象づける”ことが出来ますので、今までのミスマッチを軽減することが可能になります。

採用動画の場合は、「すぐに応募したい」「先輩の声が聞きたい」「社長がどんな人か知りたい!というようなユーザーの様々な需要に対して、それぞれに合わせたPRが一つの動画内で可能になります。

【サービス紹介サイト】
https://video-factory.jp/services/branch/

関連リンク

株式会社ファインズ
触れる動画!株式会社ファインズが次世代の動画サービスであるインタラクティブ動画「Branch」を正式リリース!




10月の月間ニュースランキングTOP10



10月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している9月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。