ビービット、USERGRAMのアプリ計測機能をアップデート

ビービット、USERGRAM

どのプッシュ通知/ディープリンクからの起動なのかがひと目で分かるように

株式会社ビービット(本社:東京都千代田区、代表取締役:遠藤 直紀)が提供するシーケンス分析クラウド「USERGRAM(ユーザグラム)」は、アプリの利用行動データに対する分析をより精緻に行えるよう、ネイティブアプリ計測に関わる機能をアップデートしました。

ビービット、USERGRAM

ネイティブアプリ利用行動に対して取得した付加情報の表示イメージ

概要

ビービットが提供するシーケンス分析クラウド「USERGRAM」は、ユーザ行動を、行動の順序や流れ(シーケンス)まで加味して分析することで、ユーザが置かれている状況をより精緻に把握することを目指したサービスです。

この度、ネイティブアプリの行動データ計測に関わる機能がアップデートされ、より解像度高くシーケンス分析を行えるようになりました。

これからの時代に適応するために必要な「シーケンス分析」

モバイル、IoT、センシングなどの技術発展により日常のあらゆる行動がオンライン上のデータとして取得できるようになった現在は、もはや”完全なオフライン”はないと言える状況にあります。ビービットではこうした社会状況を「アフターデジタル」と呼んでいます。

アフターデジタル時代において企業は、取得できる行動データを活用し、UX(ユーザ体験、User Experience)の向上を図っていくことを求められるようになります。

UX向上につながるデータ活用の方法論として、ビービットは「シーケンス分析」を提唱しています。シーケンス分析とは、個々のユーザ行動を順序や流れを加味して分析する手法です。個々のユーザの情報が見えにくい集計データ分析と比べて、シーケンス分析はユーザがどのような状況に置かれているかを具体的に捉えることができるため、新しいUX企画につながりやすいという特長があります。

今回のアップデートでは、ネイティブアプリの利用行動についてより具体的なデータを取得・利用することが可能になり、ネイティブアプリに関してより精緻なシーケンス分析が実現できるようになりました。

本アップデートで計測できるようになるデータの種類と利用方法

今回のアップデートではデータ計測基盤の拡張に伴い、以下の行動が計測された際に付加情報として任意の文字列(キャンペーン名やリンク掲載先のメディア名等)を取得できるようになりました。

  • USERGRAM上で計測対象としているイベントの発生
  • プッシュ通知からの起動
  • ディープリンククリックによる起動
※ 取得できる情報の種類や数は、発生した行動や利用しているシステムによって異なります

また、以下の情報も計測できるようになりました。

  • アプリの初回起動
これらの情報はユーザの行動詳細画面に表示されるほか、行動によるユーザの絞り込み条件としても利用できます。

ビービット、USERGRAM

ネイティブアプリ利用行動に対する絞り込み条件設定のイメージ

例えばプッシュ通知の付加情報として通知内容・文言などを取得すると、各ユーザがどのようなメッセージに反応しアプリ起動という行動につながったのか簡単に把握することができます。同様に、ディープリンクについてもどこに掲載したどのリンクからアプリ起動をしたのかがスムーズにわかります。また、絞り込みの条件として付加情報を利用することで、特定の文脈からアプリ起動を行った人に絞ってデータを見ることが可能です。

どのようなきっかけでアプリを起動したかという「アプリ起動時のユーザの状況」を踏まえてその後の利用行動を見ると、メッセージが意図通りにユーザに届いているのか、誤解を与えるようなメッセージになっていないか等が検証できるようになります。こうした検証を繰り返し、そこで発見された課題を解決していくことが、アプリのUX向上、ひいてはユーザのエンゲージメント向上につながると期待されます。

今後もUSERGRAMは、アプリ計測ならびにウェブ計測の機能強化を続けてまいります。

関連リンク

株式会社ビービット
ビービット、USERGRAMのアプリ計測機能をアップデート




10月の月間ニュースランキングTOP10



10月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している9月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。