エイベックス、IPホルダーの著作権等の権利の保護とデジタルコンテンツの流通を目的に、NFT事業に本格参入

エイベックス・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岩永朝陽、以下:ATS)は、当社が開発したブロックチェーン技術を活用してデジタルコンテンツに真正性を持たせるNFT(※1)事業基盤「A trust(読み:エー トラスト)」の提供を開始し、IP(※2)ホルダーの著作権等の権利の保護とデジタルコンテンツの流通を目的に、NFT事業に本格参入します。

エイベックス、A trust

NFT事業参入の背景

昨今、NFTを活用したデジタルアートが数十億円で落札されるなど、デジタルコンテンツの新たな市場が世界中で急拡大しています。しかし、急拡大しているNFTの市場は、その多くが投機性が高く暗号通貨で取引されていることから、IPホルダーが提供するデジタルコンテンツを楽しみたいファンの参入障壁となっていたり、IPホルダーが許諾していないNFTが勝手に流通したりといった課題も散見されます。

ATSは、正規のIPホルダーが保有するデジタルコンテンツの著作権等の情報を一元管理する次世代型著作権流通システム「AssetBank(読み:アセットバンク)」(※3)の試験運用を2021年4月13日(水)に開始しました。

この「AssetBank」と、ATSが2019年7月に開発したNFT事業基盤で、ブロックチェーン技術を活用して証明書を付与し、真正性を持たせたデジタルコンテンツを流通させる「A trust」を連携させることで、ファンは著作権等が侵害されていない正規のデジタルコンテンツを法定通貨で安心・手軽に購入できるようになります。(「A trust」公式サイト:https://atrust-cert.com/

NFTという新たなデジタルコンテンツの価値創造の流れは、今後のエンタテインメント市場においても無限の可能性を秘めています。ATSは、IPを活用してエンタテインメント事業を展開するエイベックス(※4)のグループ企業として、現状の課題と向き合い、デジタルコンテンツ市場の活性化を目指します。

「A trust」の実装例

世界175ヵ国で170万以上のオンラインストアが日々運営されているマルチチャンネルコマースプラットフォーム「Shopify(読み:ショッピファイ)」を利用して、バーチャルフィギュアの販売ショップ「ARSHOP」を構築し、「A trust」証明書付きのバーチャルフィギュアを販売しています。(「ARSHOP」公式サイト:https://arshop.jp/

「ARSHOP」で購入したバーチャルフィギュアは、iOS/Android対応アプリ「ARSTAGE」上で遊ぶことが可能です。(「ARSTAGE」公式サイト:https://arstage.jp/

将来的には、この仕組みを様々なIPホルダーやIPを展開する事業者が利用できるようにし、「A trust」を利用したデジタルコンテンツの販売ショップを「Shopify」で簡単に構築することが可能になります。これにより、IPのファンは、販売ショップで法定通貨による決済が可能になり、簡単にデジタルコンテンツを購入できるようになります。また、購入したデジタルコンテンツを「Atrust ID」対応済みのアプリで利用することが可能になります。今後は、「A trust」のユーザー間取引の仕組みや、パブリックチェーンへの接続・利用など、デジタルコンテンツ流通における利便性や有用性を高める様々な取り組みを行っていきます。

※1:NFTとは、“Non Fungible Token”の略で、日本語では“非代替トークン”と呼ばれます。ブロックチェーン技術を活用して、一般的には複製が容易とされるデジタルコンテンツの所有を証明することで商品的価値を生み出します。

※2:IPとは、“Interectual Properties”の略で、知的財産のことを指します。エンタテインメント分野では、楽曲やアーティスト・タレント、アニメ・映像作品、ゲーム、キャラクターなどがIPと呼ばれます。

※3:「AssetBank」は、国内11社のコンテンツ企業連合で運営するブロックチェーン団体「Japan Contents Blockchain Initiative(読み:ジャパン コンテンツ ブロックチェーン イニシアティブ)」のブロックチェーン上で試験運用されています。IPホルダーは、楽曲・画像・イラスト・テキスト・3Dモデル・モーションデータなどを「AssetBank」に登録することで、デジタルコンテンツの権利の所在を明確化でき、その権利を活用してライセンスビジネスを行うことで、新たな市場が創出されます。また、将来的には、「AssetBank」に登録された正規のデジタルコンテンツを活用した商品化が、どの事業者でも安心して行うことが可能になります。
「AssetBank」公式サイト:https://asset-bank.jp
プレスリリース     :https://avex.com/jp/ja/news/2021/assetbank/

※4:エイベックスは、「Entertainment×Tech×Global」を戦略テーマに掲げ、テクノロジーを活用したIPの創造を目指し、2019年5月にATSを設立しました。

エイベックス・テクノロジーズ株式会社 会社概要

エイベックスにおいて、IPを創造するための次世代テクノロジー基盤を構築するグループ会社です。新たなIP創出の形を作り、ゲームや新感覚の動画配信サービスの提供、デジタル商品の開発や資産管理及びIPの権利を守るためブロックチェーンを利用した展開を行っています。

URL   :https://avex-technologies.com
設立   :2019年5月14日
代表者  :代表取締役社長 岩永朝陽
所在地  :東京都港区南青山3-1-30 エイベックスビル
事業内容 :ブロックチェーン事業、クラウドエンタテインメント事業等

ATSでは、デジタルコンテンツを、より幅広いファン層にリーチする事業を検討するIPホルダーのパートナーを募集しています。以下より、お問い合わせください。
https://ssl.avexnet.or.jp/form/ask/avex-technologies-jp/

エイベックス コーポレートサイト・SNS

コーポレートサイト :https://avex.com/jp/ja/
Twitter      :https://twitter.com/avex_pr
Facebook     :https://www.facebook.com/avex.official

関連リンク

エイベックス株式会社
エイベックス・テクノロジーズ株式会社
IPホルダーの著作権等の権利の保護とデジタルコンテンツの流通を目的に、NFT事業に本格参入




2021年4月の月間ニュースランキングTOP10



2021年4月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している2021年4月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。