朝日広告社、「Google データポータル」 を活用したソリューションを提供開始 データ統合を自動化

2019年1月15日、株式会社朝日広告社は、「Google データポータル」 を活用した、データ統合と可視化のための自動収集ソリューションを提供開始を発表しました。

概要

提供背景

朝日広告社は、2017年7月にサービスを開始した統合的なデータ活用のための可視化ソリューション「ON AIR Analytics」を通じて蓄積した独自の分析視点により、企業の新たな課題発見など、データに基づくマーケティング施策のPDCAの高速化及び、ROAS改善を支援してきました。

現在、デジタルマーケティングを実行する企業の現場においては、Google Analyticsの導入が多くの企業に進む一方で、データ領域分析が進められていない企業も多くあります。こうしたニーズの拡大に対応するため、この度「Google データポータル(※1)」 を活用した、データ統合と可視化のための自動収集ソリューションを提供開始に至ったとのこと。

朝日広告社は、データの統合的な管理・可視化と、企業内のデジタルマーケティング業務を推進する環境構築のソリューション提供における導入障壁を下げ、幅広い企業における運用コストを含めた業務効率化と、意思決定のスピードを加速するサポートを実現するとコメントしました。

「Google データポータル」活用ソリューションについて

提供ダッシュボードの画面イメージ

提供サービスの詳細については、朝日広告社様までお問合せください。

※1:Google データポータルとは
Google が提供するGoogle マーケティング プラットフォームの一部です。

関連リンク

4月の月間ニュースランキングTOP10



5月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している5月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。