アドウェイズ、Google広告のアプリ キャンペーンを常に最適な設定に維持する「ストロボライツ ベストプラクティスチェッカー」をリリース

アドウェイズ ベストプラクティスチェッカー

株式会社アドウェイズ(本社:東京都新宿区、代表取締役:岡村陽久、以下アドウェイズ)は、広告配信設定を最適な状態に維持する「ストロボライツ ベストプラクティスチェッカー」をリリースいたしました。リリース第一弾として、Google広告のアプリキャンペーン(以下、アプリ キャンペーン)配信設定最適化機能を実装いたします。

背景と概要

アプリ キャンペーンでは、データやユーザーインサイトを基に機械学習の技術を使用して最適化が行われます。 そのため、アプリ キャンペーンを成功に導くためには、機械学習にとって最適な設定をすることが非常に重要となります。

この度アドウェイズでは、運用型広告に対応した総合管理システム「STROBELIGHTS」において、アプリキャンペーンの入稿されているクリエイティブサイズ、入稿本数、配信設定、入札設定等が最適な状態になっているかを常時モニタリングし、広告効果の最大化をのぞめる推奨設定の適用状況を可視化できる機能「ベストプラクティスチェッカー」の提供を開始いたしました。

従来の広告運用では、機械学習の最適化に合わせた配信設定を維持し続けることに多くのリソースが割かれていましたが、この度の「ベストプラクティスチェッカー」導入により、配信設定の不足が無いかが常時監視されるため、この問題が解消されました。
当社が行った検証では、ベストプラクティスを維持し続けることにより広告効果が改善された例もあります。

アドウェイズ ベストプラクティスチェッカー

「ベストプラクティスチェッカー」は、その他の有力アドプラットフォームでも順次対応していく予定です。

アドウェイズでは、今後も市場のニーズに柔軟に対応し、更なるサービスの拡充に努め、世界各国で効率的かつ実用的な広告マーケティングサービスの開発を実現してまいります。

※本サービスは、当社へ広告運用を委託された企業様の配信にて使用するサービスとなります。

STROBELIGHTSについて

有力アドプラットフォームの運用型広告に対応した総合管理システム。広告の効率的な運用を可能にするとともに、プラットフォーム毎にビッグデータやAIを利用したエクステンション機能を搭載し、人の手で運用するだけでは達成できない高次元な広告効果を実現することが可能。

関連リンク

株式会社アドウェイズ
アドウェイズ、Google広告のアプリ キャンペーンを常に最適な設定に維持する「ストロボライツ ベストプラクティスチェッカー」をリリース




9月の月間ニュースランキングTOP10



9月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している9月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。