オプト、EC事業向けのデータフィード管理パッケージを提供開始

データフィードマネジメントツール「Feed Terminal」でEC業種におけるデータフィード広告の効果改善を実現

デジタルシフトをリードするInnovation Agency株式会社オプト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:金澤 大輔、以下オプト)が提供するデータフィードマネジメントツール「Feed Terminal(※1)」は、EC事業向けのデータフィード管理パッケージの提供を開始しました。

概要

多くの商品を扱うEC事業において、データフィードを管理し活用することは、重要なマーケティング施策となっています。今回、Feed TerminalはEC事業向けに機能の拡充を行い、EC事業者が売上データや外部データを元に、簡単かつ効果的にデータフィード広告を活用できるパッケージを提供します。これにより、データ活用にかかっていた多くの人的リソースと時間を削減でき、データフィード広告の迅速な広告効果の改善を実現します。

株式会社オプト Feed Terminal

この他にも、検索連動広告における価格表示オプション用のフォーマットの自動生成や、各動的検索広告用のフォーマット自動生成およびアップロード機能なども拡充を行いました。

今後もオプトでは、テクノロジーの変化に素早く対応し、企業のマーケティング活動におけるデジタルパートナーとして、広告効果最大化のための企画および提案を行ってまいります。

※1 Feed Terminal について
配信媒体によって異なる広告フォーマットに合わせて、商品情報データを自動変換して配信するフィード広告配信ツールで、データ作成・設定をひとつの画面で管理することができます。配信実績等のデータなどを掛け合わせることができるため、より広告効果の高い運用を実現します。(https://feed-terminal.jp/

関連リンク

株式会社オプト
オプト、EC事業向けのデータフィード管理パッケージを提供開始 ~データフィードマネジメントツール「Feed Terminal」でEC業種におけるデータフィード広告の効果改善を実現~




11月の月間ニュースランキングTOP10



11月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している11月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。