LINE、新サービス「SHOPPING GO」の提供開始、実店舗のオムニチャネル化を推進

LINEは12月7日、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」において、実店舗での商品購入時にLINE内に表示される専用のバーコードを読み取ることで「LINEポイント」が付与される新サービス「SHOPPING GO」の提供を開始したことを発表した。
 


 
同日よりファッションブランド「earth music&ecology」の国内286店舗で導入され、年内には家電量販店「ビックカメラ」、「コジマ」、「ソフマップ」での導入も予定しているとのこと。
 

 
LINEでは、LINEから簡単おトクに買い物が楽しめるショッピングサービスとして、2017年6月より「LINEショッピング」の提供を開始、商品購入額に応じて「LINEポイント」が付与され、貯まったポイントは1ポイントを1円として「LINE Pay」で使えたり、各社のポイント・商品と交換することが可能だ。ファッションや家具、コスメなど2億点以上の商品を検索・閲覧することができ、現在の会員数は、2,200万人(※1)を突破、MAUも1,000万(※2)を突破するなど、20代~30代の女性を中心に、多くの方のオンライン店舗との出会いを創出した。
 
また、昨年の12月には、大手EC企業の実店舗で、LINEショッピングの公式アカウントを通じバーコードを送付、それを店舗でかざすと、商品購入額に応じて「LINEポイント」が付与されるというキャンペーンを行ったところ、店舗全体の購買者の約3割がキャンペーン経由で商品を購入する結果となり、LINEポイントが店舗誘導に有効であること、さらに購買きっかけに繋がる事が判明したという。
 

サービス概要と今後の方針

サービスについて

本日より提供を開始した「SHOPPING GO」は、実店舗での商品購入時にLINE内に表示される専用のバーコードを読み取ることで「LINEポイント」が付与されるサービスだ。現在地に応じて、「LINEポイント」がもらえるお店(実店舗)を検索することができる。バーコードは、LINEウォレット内にある「マイカード」と連動しているほか、「LINEショッピング」のオンラインショップページでも表示されるので、ユーザーは、新しくアプリをダウンロードしたり、ポイントカードを持ち歩く必要が無く、LINE1つで店舗でも、お得に買い物を楽しめるようになるという。
 
また、今後は、導入店舗の近隣に立ち寄ると、LINE上にポップアップでお知らせを送る事ができる機能なども予定しており、さらなる来店・購買促進を図る事が可能になるとのこと。
 

 
本日より「SHOPPING GO」の導入を開始するファッションブランド「earth music&ecology」国内286店舗では、最大50%オフのセールを開催する他(※3)、購入時に「SHOPPING GO」のバーコードを提示すると、購入額の20%分の「LINEポイント」を還元するキャンペーンも、12月21日(金)までの期間限定で開催するとのこと。また、12月中旬には、家電量販店「ビックカメラ」「コジマ」「ソフマップ」でも「LINEポイント」還元の対応を開始、現金払いやクレジッドカード、「LINE Pay」など決済手段を問わず、バーコードを読み込むだけで、店舗特典に追加で「LINEポイント」が付与される。
 

今後について

今後「SHOPPING GO」では、「LINEポイント」の還元だけでなく、導入店舗のオンライン・オフラインにおける、在庫データの把握や、価格比較などもLINE1つで確認する事ができる様になり、ブランドのオムニチャネル化を推進するプラットフォームへと進化し、2021年中に、導入店舗数20,000店舗を目指していくとした。

※1:LINEショッピングの利用規約に同意したユーザー数(2018年10月時点)
※2:2018年1月の月間アクティブユーザー数
※3:一部店舗を除きます。

 

関連リンク

LINE株式会社 プレスリリース
LINE、バーコードをかざすだけで実店舗でも「LINEポイント」がもらえる 「SHOPPING GO」を12/7より提供開始




4月の月間ニュースランキングTOP10



5月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している5月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。