サーバーエージェント、ライブ配信に特化したSSP「PFX LIVE」の提供開始

サイバーエージェントのアドテクスタジオは12月5日、運営するSSP「CA ProFit-X」において、ライブ配信サービスのマネタイズに特化した「PFX LIVE」を開発したことを発表しました。

PFX LIVEの開発背景

近年、世界的にライブ配信市場は成長を遂げており、ECの新しい形であるライブコマースやゲーム実況サービスといったライブ配信機能を利用したサービスメディアが続々と立ち上がっています。しかしながら、ライブ配信サービスのマネタイズはライブ視聴者(以下リスナー)の課金に依存しているため、ユーザー体験を損なわない形での安定した収益源となる広告掲載の実現が課題としてありました。

このような背景のもと、「CA ProFit-X」はライブ配信サービスを運営している事業者の収益拡大を図る広告配信サービスとして、ライブ配信サービスのマネタイズに特化した「PFX LIVE」を立ち上げたとのこと。

サービス特徴と今後

PFX LIVEの特長

「PFX LIVE」では、リスナーのユーザー体験に配慮した様々な広告配信機能やライバーへの広告収益の還元(※1)が可能なレポート、サポート機能を提供してまいります。

今回、広告配信機能の第一弾として提供開始する「Pause roll(ポーズロール)」は、ライブ配信者(以下ライバー)が配信を一時的に中断するタイミングでリスナーに対して広告配信を実施します。広告配信をライバーが意図した任意のタイミングで行うことで、リスナーの高い広告視聴が期待できるほか、ユーザー体験を損なわないような広告配信の実現が可能となります。

今後の展望

今後は、ライブ配信の中断タイミングでの広告配信に加え、ライブ配信開始前の広告配信機能「Pre roll(プレロール)」やライブ配信終了後の広告配信機能「Post roll(ポストロール)」の提供を予定しています。

同社によると、「CA ProFit-X」は、ライブ配信サービスのマネタイズに特化した「PFX LIVE」によりライブ配信サービスに寄り添った機能を提供することで、ライブ配信市場の成長に貢献していくとコメントしています。

※1 広告収益の還元の実施有無については、ライブ配信サービスとライバー間での取り決めに準拠いたします。

■CA ProFit-X について
「CA ProFit-X」は、「世界中の媒体の収益を最大化し続ける」ことを目標に「スマートフォン x インフィード」に特化した国内最大級のサプライサイドプラットフォーム(SSP)を運営しています。現在は、宣伝予算のデジタルシフト化に向けて動画広告配信在庫の拡大に注力しており、同じ広告枠で「動画広告」「ネイティブ広告」「バナー広告」を横断したオークションを実現しています。

■アドテクスタジオ について
サイバーエージェントグループのアドテクノロジー分野をはじめ、AI・ロボットサービス分野における各サービスの開発を行うエンジニアの横断組織です。
2013年10月1日に設立し、現在では4つの子会社を包括し、約200名のエンジニアによって、RTB広告を支えるSSPやDSP、AI・ロボットサービス事業などの約20サービスを提供しています。

関連リンク

株式会社サイバーエージェント サービスニュース
ライブ配信サービスのマネタイズに特化したSSP「PFX LIVE」の提供開始




11月の月間ニュースランキングTOP10



11月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している11月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。