ADK、ジェイアール東日本企画、東急エージェンシーの3社が 「データマーケ領域」におけるパートナーシップ締結

12月14日、株式会社アサツー ディ・ケイ(ADK)、株式会社ジェイアール東日本企画株式会社東急エージェンシーの3社は、データマーケティング領域でのパートナーシップの締結に向けて、基本合意に至ったことを発表しました。
 

背景と目的

昨今、消費者の生活行動やメディア接触行動、購買行動はあらゆる側面からデータで捕捉できるようになり、広告主企業においては膨大なデータが蓄積されている。
 
企業の成長へ結びつけるために、広範囲で多様なデータから消費者を分析し、戦略構築に活かす効率的なマーケティング基盤が求められている。広告会社にとっては広告主企業の内部データだけでは十分ではないデータを取り揃え、消費者を確実に捉える精度を高めることがますます重要になってきているといえるだろう。
 
こうした背景をふまえ、3社はデータマーケティング領域での共同取り組みに関するパートナーシップの締結に向けて、基本合意に至った。今後は、3社共同で、広告主企業のニーズに応えるデータマネジメント基盤を整備していく予定とした。
 

関連リンク




4月の月間ニュースランキングTOP10



5月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している5月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。