興味関心連動型広告

興味関心連動型広告とは、ネットユーザーが閲覧しているWebページ内容や興味関心(過去閲覧したページや検索キーワード)などのデータから、自社商品やサービスに興味があると思われる人(Cookie)に広告を配信する広告手法。

コンテンツ連動型広告に行動ターゲティング機能が追加されたイメージであり、ユーザーのデモグラフィック情報や時間軸などでもターゲティングが可能である。

自社商品やサービスに類似するコンテンツを閲覧している、もしくはしていたユーザーを広告配信のターゲットとすることで、新規顧客獲得の効率化を図ることができる。ただし、間違えてアクセスしたサイトであったとしても、「サイトを閲覧した=興味があった」として判断されるため、ターゲティングの精度が必ずしも高いとは言えない。

代表的なものにYahoo!のターゲティング(旧インタレストマッチ)やGoogleのGD((Google Display Network)がある。




6月の月間ニュースランキングTOP10



6月の月間ニュースランキングTOP10

syncADで掲載している6月の月間ニュースPVランキングTOP10を紹介。デジタルマーケティング、広告、マーケター必見の人気記事が一目瞭然。広告業界で働いている方はぜひご覧ください。